フォローアップミルクの疑問に答える基礎知識

2,150 views

フォローアップミルクという言葉は聞いたことがあっても実際にどんなものなのか?フォローアップミルクは必要なのか?必要な場合はいつから必要でいつまでどのくらいの量を飲ませたら良いか?などフォローアップミルクについて色々とまとめてみました。フォローアップミルクについてまだあまり良く分からないというママは是非参考にしてみてくださいね。

フォローアップミルクって?

そもそもフォローアップミルクってどんなもの?と思うママも多いと思います。フォローアップミルクとは、離乳食だけで補えない栄養を補助するものです。離乳食ではビタミンや鉄分などはなかなか摂取しにくく栄養の豊富なフォローアップミルクを使って不足しがちな栄養素を補うもので全ての赤ちゃんが必ず使用しなければならないものではないです。

いつからあげたら良いの?

フォローアップミルクをあげるタイミングですが、生後10ヶ月頃と表記があると思いますがタイミング的には1日3食が離乳食になったときがその子にとって一番良いタイミングと言えます。子供の成長には個人差があるので生後10ヶ月を過ぎてもまだ3食離乳食になっていない赤ちゃんもいると思います。表記通りにするのではなく、赤ちゃんの成長に合わせて無理なく始めてくださいね。

フォローアップミルクのやめ時

フォローアップミルクをいつ頃やめるか?なんてことも気になりますよね。メーカーの表記には3歳頃までとされていますが、1歳になるとアレルギーがなければ牛乳が飲めるようになるので牛乳に移行してフローアップミルクをやめる方もいれば普通の食事を食べれるようになるまであげるママもいます。やめ時も赤ちゃんの成長のペースに合わせてやめるのをお勧めします。

フォローアップミルクの必要性

全ての赤ちゃんがフォローアップミルクが必要な訳ではありません。次のような場合はフォローアップミルクを検討してみてくださいね。☆離乳食に好き嫌いがあるとき☆おっぱいの出が悪くなってきていて栄養不足が不安なときなどの少し栄養面に心配がある場合にはフォローアップミルクを使用しましょう。あくまでも栄養補助の為に使用するものなので、フォローアップミルクを飲んでいなくてもしっかり健康であれば飲ます必要はありません。

あげ方と注意点

フォローアップミルクのあげ方は、食事中にコップやストローの練習も兼ねてコップなどに入れて飲ませてあげましょう。フォローアップミルクは栄養補助の為に飲ませるので生後何ヶ月にはどの位飲ませば良いと言った具体的なことは決まっておらず、その子の成長曲線にあわせた適量をあげることが大事です。栄養が豊富な為にあげ過ぎてしまうと太ってしまったりする可能性もあるので量には要注意です。周りのママがフォローアップミルクを使っている方が多いと不安になってしまいますが、離乳食だけで栄養が行き渡り健康でしっかり育っていれば必ずしも必要なものではないので心配する必要はありませんからね。お子さんの成長にあわせて使用をするかどうか検討してみてくださいね。

こんな記事も読まれています