チャイルドシートの最低限知っておくべき基礎知識

2,359 views

チャイルドシートは新生児の頃から乗せられる為にちょっとしたお買い物や病院に行くときなど車はよく利用すると思います。赤ちゃんを車に乗せるときに必ず使用するチャイルドシートのことみなさん詳しく知っていますか?わりと長い期間お世話になるチャイルドシートのこと色々とまとめてみたので是非車をお持ちのパパやママに見て頂きたいです。

チャイルドシートは何歳から何歳まで?

チャイルドシートって何歳から何歳まで使ってれば良いのか?って思いますよね。法律的には新生児から5歳までとされています。5歳までとされていますが、シートベルトが身長140センチ以上の体型に合うように作られていることから6歳になっても身長が140センチに満たない場合はチャイルドシートを使用しましょう。その理由として、140センチに満たない子が体型に合っていないシートベルトを着用し万が一のことがあった場合エアバッグも大人向けに作られているのでその衝撃に耐えられるか?シートベルトで首の骨や内臓を傷つけてしまう可能性が高い為年齢がきても体型が合わない場合はチャイルドシートを使用しましょう。

チャイルドシート年齢別の3タイプ

チャイルドシートの種類ってあるのかな?と思う方も多いと思いますが年齢別で3タイプあります。☆新生児から生後10ヶ月くらいまでで体重10k未満身長65センチまでの子が使用するものが【乳児用】です。☆生後10ヶ月頃から4歳までで体重9kから18kまでで身長65センチから100センチまでの子が使用するものが【乳幼児用】です。☆4歳から10歳までで体重15kから36kまでで身長100センチから140センチまでの子が使用するものが【学童用】になります。

使用が免除される場合

基本的にはチャイルドシートの使用は法律で決まっているので使用することは義務になりますが次のようなときは免除されます。☆バスやタクシーに乗る場合☆急病などで病院に行くときなどにチャイルドシートを使用することが困難な場合☆座席にチャイルドシートを設置する為のシートベルトが装装備されていない場合などの場合はチャイルドシートの使用が免除されます。

チャイルドシートをしなかったら違反になる?

上記のような免除になる条件を満たしていない場合は法律違反になるのでもちろん捕まってしまいますが罰金は発生せずに1点減点されるのみです。もし捕まってしまったとしても罰金は払わなくて良いからとか近場だし大丈夫だろうとチャイルドシートをせずにお子さんを乗せてしまうことももしかしたら経験のあるママはいるかもしれませんが、何かあってからでは本当に遅いのでちょっと面倒でも車に乗る際には必ずチャイルドシートに乗せてくださいね。

チャイルドシートの設置する場所

目の離せないまだ小さいお子さんだと後部座席にチャイルドシートを置かずに助手席に置いているママやパパも多いと思います。助手席にチャイルドシートを置くことはもちろん違反ではないですが、あまりお勧めは出来ません。その理由としてママやパパが運転中でも助手席のお子さんが気になってしまうことなどから安全の為には後部座席にチャイルドシートを設置することをお勧めします。お子さんとの車での移動やドライブの際はチャイルドシートを正しく使用し安全にお出掛けしてくださいね。

こんな記事も読まれています