幼児のトイレトレーニングを成功させる5つのポイント

2,123 views

もうすぐ梅雨が明けて暑い夏がやってきますね。

今年の夏こそ、わが子のオムツをはずすぞ!と意気込んでいるママも多いと思います。

今回は、トイレトレーニングを楽しく始めるポイントやアイデアなど、役立つ情報をまとめてみました。



トイレになれるために、家族のトイレを見せておく

パパやママ、お兄ちゃんお姉ちゃんのトイレを見せてみましょう。
子どもって一番近い人がやることをまねしたがりますよね。おしっこやうんちはトイレでするものだ。という事が子供なりに分かってきてくれます。
いきなり便器に座らせると怖がる子供も、こうやることによってスムーズにトイレに向かうことができます。

夏はトイレトレーニングをしやすい季節

最初は失敗してあたりまえ。トイレを失敗して何枚ものパンツや洋服を洗濯する機会がふえてきます。夏なら洗濯物もあっという間に乾きますね。着替える服がない!という事が少なくなります。
薄着の夏だとズボンを下げるのも楽ですし、自分で脱ぐこともできちゃうかもしれません。

http://toilettraining.st-web.jp/waza/

トイレが成功したら、シールのごほうび

子供たちはシールが大好きですよね。トイレの壁や、カレンダーに大好きなキャラクターのシールを貼らせるのもおすすめ。シールが貼りたい!という思いでトイレに寄ってくれます。「ママと〇〇のシールを貼りに行こうか?」と誘ってみましょう!

失敗してもあせらずゆっくりと。

初めてのトイレトレーニングで子どもたちもママも頑張っています。失敗して怒りたくなるきもちはよ~く分かります。が、ここは深呼吸。
怒ってしまっては、逆効果。トイレ嫌いになるきっかけをつくってしまいます。
失敗が続いて息が詰まりそうなときは、汚れた下着を自分で脱がせてみるのもおすすめです。おしっこしたら気持ち悪い・・・。ってことが分かるとトイレでしてみよう!って気になってくれるかもしれませんよね。
そして、成功したらたくさんほめてあげましょう。ママが喜んでくれる事を子供はがんばります。

オムツをかくしちゃいましょう

子どもって頭がいいんです。おむつがあるのが分かると、パンツよりおむつがいい~!って持ってくる子も・・・。おむつだと冷たくないし気持ち悪くない。ママのラク~?
でも、ここでおむつにしちゃったら、ふりだしに戻ります。ここはグッと我慢してパンツを続けてみてください。子供の頑張りを信じて・・・。
オムツは夜だけ。おむつ代もゴミも減って家計にやさしいトイレトレーニング、この夏挑戦してみましょう!

こんな記事も読まれています