妊娠中の尿路結石の症状、原因、予防策、対処法まとめ

14,529 views

妊娠中に起こる急な腹痛。

もしかして赤ちゃんに何かあったのかも!?と不安に襲われるでしょう。

流産、盲腸、様々な原因が考えられます。

激痛であればそれは…尿路結石かもしれません。

ここでは尿路結石について簡単にご説明しようと思います。


新型出生前診断を全国の駅チカで受けられます。(土日祝も予約OK)




そもそも尿路結石ってどんな病気?症状は?

『3大激痛』の1つといわれるこの病気。
尿路にできた結石の事を尿路結石といいます。
筆者も妊娠中になったので、その時の症状を。
突然お腹に激痛が走り、胎児の事を考えると不安でたまらなくなりました。
熱はないのですが、嘔吐があるほどの激痛が何時間も続き、寝不足な日々でした。

尿路結石になる原因は?

原因に挙げられるのが、食生活です。
動物性タンパク質の摂取量が多く
カルシウムの摂取量が少ない事で結石を増やす大きな要因になっています。
動物性タンパク質とは肉、魚類。
野菜ではなくこれらを多量に摂取している方はなりやすいと言えるでしょう。
そのため、同じ食生活を送っている家族に尿路結石の人がいる方は特に注意が必要です。

なぜ妊婦が尿路結石になりやすいのか?

妊娠中は胎児に多量のカルシウムが必要となるため、妊娠前よりカルシウムをたくさん摂取しなければなりません。
妊娠前と変わらぬカルシウム摂取量だと、カルシウム不足なり、カルシウム結石ができる原因となってしまいます。
また、妊娠中は極端に運動量が激減してしまうため、そのような事も原因と考えられます。

http://ksskcare.com/e03seikatsu.html

尿路結石にならないためには?

尿路結石にならない為に必要な事は
1.カルシウム摂取
2.適度な運動
妊娠中は毎日900mgのカルシウム摂取が理想的といわれています。
運動はウォーキングや散歩のような有酸素運動が効果的です。
是非激痛に悩まされないために実践しましょう。

http://ksskcare.com/e03seikatsu.html

尿路結石になった妊婦さんへ

妊婦が尿路結石になった場合、もう尿と一緒に尿道からでてもらうしか手はないと医者に言われました。
とにかく水分補給です。
筆者は尿路結石発覚後10日間の入院を経て5日後にトイレにて結石とご対面できました。
妊娠中の腹痛、本当に心配で夜も眠れない事と思いますが、結石がでてしまえば痛みとおさらばです。
ちなみに私は出産時の陣痛よりも、尿路結石時の激痛の方が辛く不安でした。
ではお付き合いいただきありがとうございました。
楽しいマタニティライフをお送りください。

新型出生前診断なら「NIPT平石クリニック」。全国各地の駅チカで検査可能!

こんな記事も読まれています



シェア