子どもと行こう♪自然や生き物ふれあいスポット5選【山形県編】

3,247 views

小さいお子さんがいる方は、「どんなところに遊びに連れて行ったらいいか」迷いますよね。

そこで、今回は子どもが自然や生き物と触れ合えるスポット【山形県編】を5つ紹介したいと思います。

自然や生き物にふれる機会をつくってあげると、子どもの成長にもとても良いですよ。

観光にも普段のレジャーにもおすすめです!



加茂水族館

加茂水族館には「庄内の淡水魚・海水魚」や泳いだりお昼寝したりたわむれたりしているアザラシが見られる「アザラシ・アシカプール」、ヒトデやヤドカリなどの磯の生きものにふれあえる「キッズコーナー」、庄内に暮らすウミネコにえさやりができるなど楽しいことがたくさん!この他にも吹き抜けの大空間でアシカのショーを観たり、最大50種以上のクラゲが展示されている幻想的な「クラネタリウム」を観たりと子どもも大人も大満足。休憩には日本海の眺めが楽しめるレストランがおすすめ。
家族レジャーに利用してみてはいかがでしょうか。

河北町児童動物園

河北町児童動物園は、ちょっと小さ目のアットホームな動物園です。
園内は広くはないのですが、くま檻やさる檻・とり檻・くじゃく檻・水鳥池・放鳥舎などを見ることができます。はくせい館でははくせいの展示を見たり、ひよこのふ化コーナーでふ化したひよこをさわることもできます。新しく設置された「ふれあい動物おり」では小動物にふれたり、えさやりが可能。小さい子どもが初めて動物とふれあうのにおすすめのスポットです。
お昼や休憩はふれあい広場でお弁当を食べるのも◎
大きな動物はいませんが、のんびりと楽しめる動物園ですよ。

山県市野草園

山形市野草園は「花の草原「シンボルゾーン」「自然ふれあいゾーン」「友好姉妹都市ゾーン」「観察ゾーン」「いこいのゾーン」があり、それぞれの場所で四季折々の草花や木を楽しみながら散策できます。
園内では年間を通してさまざまなイベントが行われていて、子どもに人気の「ミニSL運行」や「うさぎふれあいコーナー」、「乗馬体験」「ガーデニング教室」「紅茶染め」「木工工作教室」などがあります。時期によってイベント内容が異なるので、HPを確認してくださいね。休憩には広い草原でピクニック気分を味わえますよ。

東沢バラ公園

東沢バラ公園は日本有数の規模を誇るバラ園と、3つの湖を有する美しい公園です。
園内には7haの広さに約750品種2万株ものバラが咲いていて、香りも楽しめます。村山氏オリジナルのバラ「むらやま」や平和の象徴「ピース」、古くて貴重な「バイオレット」など品種を見るのもおすすめ。
バラの見頃は6月上旬~9月下旬で、6月上旬~7月上旬にはバラまつりが行われます。押し花などイベントもあるので、家族みんなでお散歩に行ってみてはいかがでしょうか。

ひがしねあそびあランド

ひがしねあそびあランドは子どもたちが自主性や社会性・創造性を育むことができ、四季を感じながら自由に遊ぶことができるスポットです。
電車ごっこで外をお散歩したり、青空の下で体操や絵本の読み聞かせ・お花見・シャボン玉遊びをしたりと楽しいことがいっぱい!
室内ではてるてる坊主づくりや小麦粉ねんど遊びなど、他にも季節ごとに楽しめる遊びが豊富。
自然の中で子どもが自由に思いっきり遊ぶことができるのでおすすめですよ。

こんな記事も読まれています