離乳食のパンはこう料理しよう!子供の月齢ごとにご紹介

1,502 views

離乳食の初期から、パンは使えます。手軽に調理できますし、用意しやすいですね。段階ごとのメニューをご紹介しますので、是非、作ってみて下さいね。

初期(5〜6ヶ月) ミルクパンがゆ

材料:食パン(白い部分) 5g 溶いた粉ミルク 大さじ2 果物の裏ごし 小さじ1
❶食パンは、細かくちぎる。
❷①を鍋に入れ、ミルクを加えて、トロトロになるまで煮る。
❸②に、りんごの果物の裏ごしをのせる。
※離乳食に使うパンは、食パンが最適。トロトロになるまで時間がかかるため、なるべく細かくちぎりましょう。
煮込んで食べやすく。

中期(7〜8ヶ月) パンスープ

材料:食パン(白い部分) 10g にんじん 5g 玉ねぎ 10g 白身魚 10g 野菜スープ 80cc
❶にんじん、玉ねぎは皮をむき、粗みじん切りにする。魚は骨と皮を取り除き、そぎ切りにする。食パンは小さくちぎる。
❷野菜スープで、にんじん、玉ねぎをふたをして煮て、柔らかくなったら、魚を加えて火が通るまで煮る。パンを入れて、ひと煮する。
❸人肌に冷まし、スプーンで粗くつぶす。
※パンの主成分は糖質。米の代わりになります。洋風メニューの要になりますね。
このメニューは魚、野菜、パンとバランスが良いですよ。

後期(9〜11ヶ月) チーズロールサンド

材料:食パン(12枚切り) 1枚 きゅうり 少々 クリームチーズ 10g
❶きゅうり長さ4〜5cmの千切りにし、食パンはみみを切り落とす。
❷①のパンにクリームチーズを薄く塗る。
❸ラップを広げて②を置き、端に①のきゅうりをのせる。
❹③を海苔巻きのように、くるりと巻いてラップできつめに包む。しばらくして、形が落ち着いたら、ラップをはずす。
❺包丁で食べやすい大きさに切る。
※手づかみで食べられる楽しいメニューです。お弁当にもどうですか?

完了期(12〜15ヶ月) フレンチトースト

材料:食パン(8枚切り) 1/2枚 溶き卵 1/3個分 牛乳 大さじ2 砂糖 小さじ1/2 バター 小さじ1/2
❶食パンはみみつきのまま、半分に切る。
❷ボウルに溶き卵を入れて、牛乳と砂糖を加えて混ぜる。
❸②に①を入れて、パンの両面にしみわたるようによく浸す。
❹フライパンにバターを焦げないように溶かし、③を入れて焼く。両面がきつね色になったら火を止める。
※食べにくそうなら、4分の1くらいの大きさに切って、フォークにさしてあげたり、スティック状にしてみましょう。

まとめ

パンの主成分は糖質です。米の代わりに使えますが、アレルギーの心配もある食材の一つです。必ず初期の段階でひとさじから慣らし、食べれる事を確認してから進めてください。
楽しく美味しい離乳食になりますように。

こんな記事も読まれています