気になる!ソフロロジー出産のすべて

1,670 views

最近ネットやテレビでも注目されている、ソフロロジー出産。

出産方法はいろいろある中で、今どうして注目されるようになったのでしょうか?

これから迎える出産の方法の一つとして、バースプランの参考にしてみてください。



ソフロロジー出産とは

ソフロロジー出産とは、これから迎える出産や赤ちゃんとの生活をポジティブに捉えることで、心身ともにリラックスし穏やかな気持ちで赤ちゃんを迎える出産方法です。
ソフロロジーは出産だけではなく、何事にも当てはまり、精神を統一させ安定するというスペイン発祥の考え方です。
出産に対する不安や心の葛藤などを、前向きな気持ちへ変換して、大きな気持ちで出産に望む原動力に変えていくのです。
出産の痛みを、自然に体が受け入れる状態を作ることで、恐怖や不安を感じない自然体の出産に臨むことができるようになります。

ソフロロジーの取り入れ方

ソフロロジー出産の準備は妊娠中から始まります。
最近ではソフロロジー出産に力を入れている産院もあり、ソフロロジー出産のための教室やリラックス法を教えてくれるところも多いようです。
妊娠中にはテープやCDを聴く事で、穏やかで安定した精神をイメージできるようにしていきます。
またはヨガやストレッチなどで、より深いリラックスを身につけていくこともあります。
妊娠中にはあぐらをかく姿勢が基本のポーズになります。
気持ちを穏やかに精神の統一を図りながら、ソフロロジー呼吸法を実践してみましょう。
出産の際も、座位のスタイルで迎えることになります。赤ちゃんの誕生を自分の目で見届けられるのも、ソフロロジーの醍醐味といえます。

ソフロロジー出産のメリット

妊娠中から精神のバランスを整え、ゆったりとした気持ちを心がけているので、赤ちゃんの健やかな発育にとてもよい影響を与えます。
出産前に恐怖や不安感を断ち切り、乗り越えることができるので、赤ちゃんが生まれてくる一瞬に集中することができ、誕生のすばらしさを落ち着いた気持ちで受け入れることができます。
精神を安定させているため、出産時に必要以上に力を入れることがなく、体力の消耗も抑えることができます。
また出産後の赤ちゃんとの新しい生活でも、その精神は生かされ、落ち着いた気持ちで赤ちゃんとの生活を過ごすことができます。

ソフロロジー出産のデメリット

ソフロロジー出産を行うにあたり、妊娠中から精神の統一の訓練をしておく必要があります。ソフロロジー呼吸法を習得していく段階で、面倒に感じてしまうのならば、ソフロロジー出産にはむかないでしょう。
また訓練をしっかりとしている人でも、実際の出産に直面したとき、呼吸法や精神の安定を忘れてしまうことがあります。
近くにソフロロジー出産のケアをしてくれる人がいれば、安定を意識できるようになりますが、現在はソフロロジー出産に対応している産院がまだ少ないのもデメリットの一つです。

出産の流れ

ソフロロジー出産の場合は、陣痛が始まったら赤ちゃんを早く出産に向かわせるためにあぐらの姿勢で呼吸法を実践します。
出産に至るときは、ソフロロジー出産はいきむことをしません。
力を入れることなく、自然の成り行きで落ち着いたペースで出産へと向かいます。
そうすることで、赤ちゃんにもママにも優しく、より自然な形で赤ちゃんが誕生できます。

こんな記事も読まれています