子供と一緒でも!上手な自分時間の作り方

1,166 views

子育てをしていると、どうしてもママだけの時間がなくなってしまいます。

しかし子供がいる以上、そのことばかりも言ってはいられません。

子供と生活する上で、いかに自分の時間を楽しむかが重要になります。

自分の時間を作って、上手にリフレッシュしていきましょう。



読書の時間を持つ

子供と一緒にいる間でも、一人で楽しめるものといえば読書です。
子供を見ながら、自分の好きな本を読んでみましょう。
子供には体を動かしたり、わいわい遊んだりすることも大切ですが、読書のようにゆったりと集中する時間も大切です。
ママが読書をする姿を見せることは、子供にとてもいい影響をあたえます。
本を読むという習慣が身につき、集中することができるようになります。
ママが読書をするときに、子供も一緒に読書の時間を取れるようになるのが理想です。

子供と一緒に趣味を楽しむ

子供と一緒にできる趣味を見つけてみましょう。
一緒の趣味ではなくても子供とママ、お互いが趣味の時間を共有で切ることが重要です。お互いに何かに打ち込んで、集中できる時間を持つことはママにも子供にもお勧めです。
ママが子供の趣味に乗っかってみるのもいいでしょう。
子供と一緒の時間を過ごしながら、自分の趣味に没頭できる時間を楽しんでみましょう。

テレビの力を借りる

テレビをつけたままにしておいたり、ずっと見せておくことはよくありませんが、30分~1時間を目処に、子供の好きな番組を見せて、その間の時間を自分の時間として楽しみましょう。
30分~1時間であれば、子供も集中してテレビを見ることができ、落ち着いてママの時間を過ごすことができます。
ママがリラックスして楽しめるのであれば、子供と一緒にテレビ番組を楽しむのも、良い時間のすごし方です。
短い時間ではありますが、有効的に時間を使うように考えてみましょう。

お風呂の時間を充実させる

ママがゆっくり一人の時間を過ごせる時間のひとつがお風呂です。
ゆっくり長く入ることは難しいかもしれませんが、ヘアケアやボディースクラブなどを自分専用の物を用意して、癒しの時間に変えていきましょう。
好きな香りでヘアやボディーケアを楽しんで、心身ともにリラックスできれば、短いバスタイムでも十分に楽しむことができます。
また湯船の中でスキンケアをすることで、肌への浸透率も上がり、スキンケア効果が期待できます。時間短縮にもなるので、一石二鳥です。

子供を早く寝かせる

ママが自分時間を作るのに、一番最適なのが子供が寝た後の時間です。
子供を寝かしつける前に、家事ややるべき事をなるべく終わらせて、子供が寝た後は自由な時間として楽しみましょう。
早い時間に子供を寝かせることは、子供の睡眠時間が長くなり、脳や体の発育にもいい影響を与えます。
また早く寝ることを習慣づけることで、朝もすっきり早い時間に目が覚めます。それを繰り返していくことで、子供にとってもいいリズムの生活習慣が身につきます。

こんな記事も読まれています