A型ベビーカーとB型ベビーカーのメリットとデメリット

1,407 views

出産準備品の中に必ずある物のひとつとしてベビーカーがあると思います。お値段も安いものでは無いので、結構大きな出費になりますが赤ちゃんとのお出掛けにはあると便利なので購入する方も多いですよね。このベビーカー大きく分けると2種類ありA型ベビーカー(ベビーカー)B型ベビーカー(バギー)に分かれます。これから購入しようと思っているパパ・ママ必見のA型ベビーカーとB型ベビーカーの違いとメリットとデメリットをまとめてみました。買う前の参考にしてみて下さいね。

A型ベビーカーのメリット

A型ベビーカー又はベビーカーと呼ばれるものです。A型ベビーカーの特徴はクッション性に優れていて段差などの衝撃を和らげる設計がされています。リクライニングが出来て赤ちゃんが寝てしまった場合はフラットにすることも出来ます。なので最大のメリットは赤ちゃんが生後1ヶ月頃から使用出来ることです。丈夫な作りになっているので、お買い物に行って荷物を下部の収納に入れたり持ち手部分に掛けたりする事が出来るので抱っこで出掛けるよりは断然楽でしたよ。

A型ベビーカーのデメリット

A型ベビーカーのデメリットは生後1ヶ月の赤ちゃんから使用出来ることもあり、頑丈に作られているのでとっても重いのと大きいです。なので、ベビーカーで公共の乗り物のバスや電車の利用が多いママには不向きかもしれないです。A型は元々が大きいので折りたたんでも重いし大きいのでエレベーターを探さないといけない等折りたたんで赤ちゃんを抱っこしての移動は女性にはちょっと厳しいと思います。またお値段も結構高いのもデメリットと言えます。

B型ベビーカーのメリット

B型ベビーカーまたはバギーと呼ばれています。最大のメリットはとにかく軽量でコンパクトな設計に作られているので、折りたたんでもとってもコンパクトで軽くかさばりません。なので電車やバスに乗ってもA型ベビーカー程場所も取らないので公共の乗り物を使用することが多いママや少し遠くにお出掛けすることの多いママには向いてるかもしれないです。最近は色々なデザインのものや機能性も昔よりだいぶ良くなっていますがお値段がA型と比べるとわりとお安い所もメリットの1つですね。

B型ベビーカーのデメリット

B型ベビーカーのデメリットはとにかく軽量を目的に作られているので、クッション性に乏しく走行中の衝撃が赤ちゃんに伝わりやすいのです。その為使用出来るのがお座りが出来るようになる頃からとA型に比べると遅いことと、乗り心地はA型に比べて良いものとは言えないので長時間の使用はなるべく避けたいところです。歩きだしたばかりの子が疲れてしまってバギーに乗るような補助的な役割で考えて使用すると良いでしょう。そう考えるとA型よりは使用期間が短いものになります。

まとめ

A型ベビーカーはお値段が高いのがネックではありますが使用期間が長く抱っこで外に出るのとベビーカーに乗って外に出るのとではまた景色や気分も変わるようで、我が家ではA型ベビーカーはかなりお世話になりました。うちの場合はB型ベビーカーは購入しませんでしたが、今はベビーカーもレンタルが出来るのでA型もB型もレンタルしてみたりB型だけレンタルしてみたりも良いですね!またA型ベビーカーを購入予定の場合は赤ちゃんが生まれる前に購入した方が良いと思います。赤ちゃんが生まれてからは色々と忙しいので妊娠中に買ってしまうことをお勧めします!使用用途や住環境にあったベビーカーを選んで購入してくださいね!

こんな記事も読まれています