ボタン電池誤飲で幼児の食道に穴が。どうやって事故を防ぐ?

1,847 views

消費者庁が、ボタン電池の危険性を警告。相次ぐ幼児の誤飲事故には、命の危険が…!

子供が誤飲を防ぐためにはどうしたらいい?



消費者庁が警告!

消費者庁には、子どものボタン電池の誤飲に関する事故情報が、平成22年4月から平成26年3月末までの間に90件以上寄せられており、そのうち11件は入院することとなった事例です。
ボタン電池は、誤飲時に食道にとどまり、放電の影響によって短時間でも潰瘍ができて穴が開いてしまうなどの重篤な症状を生じることがあり、場合によっては死に至るなど大変危険です。消費者庁では、乳幼児の保護者約3,200人を対象としてボタン電池の誤飲に関するアンケート調査を実施しました。その結果をみると、ボタン電池の誤飲のおそれ及び重症事例の存在を知らない人が約6割でした。

なぜ重症化するの?

コイン型のリチウム電池は、ボタン電池でなじみのある直径1センチ程度の電池より大型です。
誤って飲み込んだ場合、胃には落ちず、食道の中間に引っかかって止まってしまい、そこで放電することがあります。最近多用されているリチウム電池は放電能力が高く、電池の寿命がきれるまで一定の電圧を維持する特性があります。
このため誤って飲み込んだ時は消化管の中で放電し、電気分解によりマイナス側にアルカリ性の液体を作ってしまいます。
つまり胃の中に限らず、食道でもアルカリによる消化管壁の損傷がおこることになります。
リチウム電池は間違って飲むとアルカリ電池よりもさらに危険と言えます。

どうして誤飲するの?

ボタン電池は、玩具だけでなく、時計、タイマー、LEDライトなど子どもが簡単に手にできる様々な日用品に使われていて、こうした製品で子どもが遊んでいたことによる事故が多数発生しています。

子どもの手の届かない場所に保管すること!

ボタン型電池、特にリチウム電池は決してこどもの目に触れないように管理しましょう。
ボタン電池の危険性を認識し、保管・廃棄方法に気を付けるとともに、ボタン電池が使われている製品の点検も行いましょう。

万が一飲んでしまったらどうしよう??

電池の表面を加工していないボタン型電池を万一飲み込んだ時には、急いで取り出す必要がありますので、できるだけ早く小児外科のある施設に行って下さい。
電池を飲み込んだと分かったら、どんな電池だったのかを書き留め、同じ物を持参してただちに病院へ行きましょう。
小児外科施設には通常このような事態に対応できる器械、施設が備わっています。早ければ早い程いいので、直接小児外科施設に連絡されることをお勧めします。

こんな記事も読まれています