新生児の衣服のお洗濯事情あれこれ

3,281 views

新生児のお肌は、とってもデリケートです。

普段当たり前に使っている洗濯洗剤で新生児の衣服を洗うと、お肌に影響があるかもしれません。

そこで、新生児の衣服のお洗濯について、いくつかご説明します。

ちょっぴり面倒ですが、赤ちゃんのお肌を守るためにがんばってお洗濯しましょう。



大人のものとは分ける

基本的に、新生児の衣服は大人の衣服とは別に洗いましょう。
もちろんタオルなども、大人のものとはわけて洗います。

最近の洗濯洗剤はすすぎ1回で済むものが多いので、新生児の衣服に使うのは不安ですよね。
また、大人の衣服についていた汚れが新生児の衣服についてしまうのでは…という心配もあります。
手間がかかって大変ですが、お洗濯は別々にしましょうね。

専用の洗剤を使う

ベビー用の洗濯洗剤は、複数のメーカーから販売されています。
有名なものはアラウベビーの洗濯用せっけん、ミヨシ石鹸のベビーの肌着洗いせっけん、さらさベビーなどがあります。

赤ちゃん用の洗剤で気をつけるべきなのは『蛍光増白剤』と『界面活性剤』が入っていないこと。
どちらもすすぎ残しが衣服に付着していると、肌荒れを引き起こす可能性があります。

また、赤ちゃんの衣服は部屋干しすることも多いです。
部屋干ししてもふんわり良い香りがするような洗剤を選びたいですね。

柔軟剤や香りの強い洗剤は避ける

洗剤だけ気をつけていても、柔軟剤などを入れてしまっては元も子もありません。
新生児の衣服には、柔軟剤を使わないようにしましょう。
ベビー用洗剤には、柔軟剤がなくてもふっくら仕上がるものもありますよ。

また、別々に洗濯をする必要がなくなっても、子どもが小さいうちは香りの強い洗剤は避けましょう。
香りの種類によっては、化学物質過敏症を引き起こす可能性があります。

部分洗い用のおすすめ洗剤

赤ちゃんのうちは、うんちで肌着を汚してしまったり、吐き戻しで服を汚してしまうことが多いです。
そんな時は部分洗いをする必要がありますが、部分洗い用洗剤も安心して使える成分のものを選びましょう。

固形石鹸なら、アラウベビーの部分洗い用せっけんや、ウタマロ石鹸がおすすめ。
ウエルコの食べこぼし洗濯ジェルは離乳食が始まってから、食べこぼし汚れを落とすのに便利です。
いずれも赤ちゃん用の衣服に安心して使えます。

いつまで分ければいい?

赤ちゃん用と大人用、いつまで別々に洗濯すればいいかはママの判断次第です。
3ヶ月くらいで一緒にしたという方もいれば、1歳まで別々にしていたという方も。
哺乳瓶の消毒をしなくなるタイミングで、一緒に洗濯するようにしたという方もいるようです。

赤ちゃん用の洗剤を使い切るまでは別々に洗ったり、大人のものも無添加洗剤で一緒に洗うようにするなどやり方はさまざま。
ママの判断で、やりやすいように洗濯のやり方を変えていってみてくださいね。

こんな記事も読まれています