ダンボールで作れる手作りおもちゃ5選!

9,455 views

子どものおもちゃって、買っていくとキリがないですよね。

でも成長したら新しいおもちゃも買ってあげたいし…と悩むところです。

そこでおすすめなのが手作りおもちゃ!

ダンボールは安価で丈夫なので、おもちゃ作りの素材にぴったりです。

子どものために、おもちゃ作りにチャレンジしてみましょう!



ちょっと大き目のダンボールが手に入ったら、車を作ってみましょう。
子どもは体が小さいので、ダンボール製の車にすっぽり入ることができます。

凝った形にしなくても、四角いままでペイントし、窓をくりぬくだけでかなりそれっぽくなりますよ。
初心者でも簡単に作れるのでおすすめです。
お子さんにクレヨンなどでペイントしてもらうのも楽しそうですね。

キッチン台

女の子が産まれたら欲しくなるのが、おままごと用のキッチン台。
ですがそれなりの大きさがあることもあり、かなり高価なんですよね。

ちょっぴり難しいですが、ダンボールで作ってみましょう。
完成した時にはすごい達成感が味わえそうです♪
電子レンジや冷蔵庫なども作るといいですね。
キッチンアイテムを100均でそろえれば、立派なキッチン台のできあがりです。

パズル

パズルは比較的簡単に作れるおもちゃです。

同じ大きさにカットしたダンボールを2枚用意します。
1枚は中をくりぬき、枠部分をもう1枚に貼り付けます。
くりぬいた部分にイラストを描き、カットすればパズルの完成です。

イラストはお子さんに描いてもらってもいいですね。
パーツを細かくすれば、難易度が上がって更に楽しめます。

ダンボールハウス

子どもは秘密基地や狭い場所が大好き!
ただのダンボールもおうちの形にすれば、秘密基地に早変わりです。

屋根を可愛くペイントしたり、窓の形を丸くしたり…。
凝ろうと思えばいくらでも凝れるのが、ダンボールハウスのいいところ。
何個か作れば、お店屋さんごっこもできますね。
ただし、お部屋のスペースをかなり占領するのでご注意を!

ドールハウス

女の子が夢中になるものといえば、ぬいぐるみやお人形。
これらも集め始めると、かなりお金がかかってしまうんですよね。

ぬいぐるみや人形を自作するのは大変ですが、ドールハウスならダンボールで作れます!
小さめのダンボールで外観を作り、家具もダンボールで作りましょう。
絵の具で塗ったり、布でくるんだりすれば、ダンボール製ということがわかりにくくなります。
お子さんと一緒に作っても楽しそうですね。

アイディア次第で、どんなものでも作れるダンボール。
楽しく作って、お子さんを喜ばせちゃいましょう♪

こんな記事も読まれています