初めての歯磨きにおすすめのアイテム5選

2,915 views

赤ちゃんの歯が生えてきたら、いよいよ歯磨きデビュー!

でもどんな歯磨きアイテムを使えばいいのかわからなかったり、赤ちゃんに歯磨きを嫌がられて困っているママさんもいるのでは?

そんなお悩みを解決する、歯磨きデビューにおすすめのアイテムをご紹介します。



ガーゼ

赤ちゃんの下の前歯が生えてきたら歯磨きスタートの時期。
ですが最初は歯ブラシではなく、ガーゼを使いましょう。

湿らせたガーゼで優しく歯をぬぐってあげます。
最初のうちはこれで充分です。

歯の汚れを落とすというより、歯を磨くという感覚に慣れさせるのが目的です。
無理やりガーゼを口の中に入れると歯磨きが嫌いになってしまいます。
口元をつついたり、仰向けのポーズに慣れさせるなど、スキンシップを交えて楽しいムードで歯磨きしましょう。

ガードつきの歯ブラシ

上下4本の前歯が生えたら、いよいよ歯ブラシを使います。
ですが最初は歯ブラシに慣れさせるところからスタートです。

長さが短く、赤ちゃんが喉をつかないようなガード付の歯ブラシをおもちゃ代わりに持たせてあげましょう。
持つ部分がリング状になっているものなど、さまざまな赤ちゃん用歯ブラシが販売されています。

ガードがついているとはいえ、100%安全なわけではありません。
赤ちゃんに歯ブラシを持たせている間は、目を離さないようにしてください。

仕上げ磨き用の歯ブラシ

赤ちゃん用の歯ブラシに慣れたら、パパママが仕上げ磨きをしてあげましょう。
大人と同じものではなく、仕上げ磨き用の歯ブラシを用意してください。
ヘッドがコンパクトになっており、毛がやわらかめで赤ちゃんに優しい作りになっています。

赤ちゃんが泣いたら、無理やり磨くのはNG。
歌を歌ったり、ぬいぐるみで気を引いたり、なるべく楽しい雰囲気で仕上げ磨きができるようにしましょう。
また、歯ブラシは1ヶ月に1回交換してくださいね。

歯磨きシート

赤ちゃん用の歯磨きシートも買っておくと役立つアイテムです。
歯ブラシでの仕上げ磨きが難しい外出時や、歯を磨かずに寝てしまった時などに使えます。
歯磨きのデビューアイテムとして、ガーゼの代わりに使ってもOKです。

また、歯ブラシでの仕上げ磨きを嫌がる赤ちゃんにもおすすめ!
歯磨きシートで歯磨きに慣れさせてから歯ブラシデビューするといいですよ。
キシリトールが配合されているのも嬉しいですね。

赤ちゃん用の歯磨き粉

赤ちゃんが歯ブラシでの仕上げ磨きを嫌がったら、赤ちゃん用の歯磨き粉を使ってみましょう。
ほんのり甘い味がするので、喜んで口を開けてくれるようになるかもしれません。
もちろん、虫歯予防の効果もあるので一石二鳥です。

ただし、赤ちゃんは水で口をゆすぐことができません。
ゆすぐ必要のないものを使うか、歯磨き後にガーゼなどで歯をぬぐってあげてくださいね。

こんな記事も読まれています