嫌がる子供の歯磨き、どうしたらできる?

2,551 views

子供は歯磨きが嫌いですよね…。

しかし、乳歯は虫歯になりやすいんです!!

放っておくとのちのち永久歯にも悪影響を与えることがあります。

口内環境はなるべく整えておきたい所ですね。

今回は子供の歯磨きをする方法、についてご紹介していきます♪



なるべく小さいうちから慣らしていく!

歯がはえる前は正直歯磨きの必要はありませんが、できればガーゼハンカチなどで口のなかをぬぐってあげて、口の中を触る、という感覚に慣らしていくと良いと思います。
口の中を触られることになれていないと、とても嫌がってしまいます…。
歯が生え始めたら子供用の危なくない、歯ブラシなどを与えて自分で噛んだり磨いたり、というのを覚えてもらってもいいですね。
ただ、子供用の柔らかくて危なくない歯ブラシって意外とお値段がします。
そしてすぐダメになりますので、気長にやってみてくださいね!

子供は歯磨きを嫌がるもの!と心を鬼にして磨く

子供は歯磨きが嫌いです。
好きな子もたまにいるようですが、歯磨き教室に参加したり、小児歯科医に聞いた所基本的には歯磨きで泣いてしまう子供がほとんどだそうです。
なるべく泣かせずに、歯磨きするにはどうしたらいいですか?とよく聞かれますが、基本的には無理ですね。と歯磨き教室の方も小児歯科医もどちらも同じ返答でした。
ではどうしたら磨きやすいかというと、両腕を横にしたtの状態にし腕部分に母親に太ももを載せます。
そのまま太ももで顔をはさんで、指で無理矢理口をこじ開けます。
奥歯が生えてくる前までは噛まれても痛くないので、この方法はとても磨きやすいです!
暴れてしまうと危ないですし、歯磨きにかかる時間も倍以上かかってしまうので、短時間で綺麗に磨き上げる方法が一番子供にとっても良い、とのご指導でした。
結構適当に済ませてしまっているお母さんも多いようですが、しっかり磨いてあげましょうね♪

キャラクターやテレビ番組を利用する

できるものならば、楽しく歯磨きしてもらいたいものですよね。
余裕があるようでしたら、ベネッセの教材などを利用したり、教育テレビで歯磨きのコーナーを行っていますので利用してみましょう!
必ずうまくいく!とは言い切れませんが、少なくとも少し気がまぎれるのでちょっとだけ歯磨きがしやすくなります。
特に奥歯が生えてくると、前までのように指で口をこじあけてしっかり磨く!ということがなかなかできなくなりますので、それまでに他の方法で口をあけてもらえるように考えておくのが良いと思います。
奥歯の磨き残しは大変多いらしく、しかも奥歯は溝が複雑なので虫歯になりやすいのです。
しっかりチェックして奥歯が生えてきたら磨き残しのないようしっかり磨きましょう!

食べたら磨く、ということを習慣付ける

食べたら必ず磨く!と習慣を付ける、この方法がきちんとできたら素晴らしいです。
我が家ではこの方法はできていませんが、例えば出掛ける前にはかならず磨く、お風呂に入る前には必ず磨く、などの決まりを作っています。
できるまで、子供は出かけられませんし、一緒にお風呂に入れません。
厳しいようですが、決まりを作っておくと意外ときちんと磨かせてくれます!!
おうちごとに磨かせてくれやすい決まりを作ってみてはいかがでしょうか?

いかがだったでしょうか?

子供が嫌がってしまう歯磨きは本当に大変ですよね。
もちろん、色々な考えと方法がありますので今回ご紹介した方法がかならずしもベストと言い切れませんが、歯磨きで困っているお母さんの参考になれば幸いです。
歯磨きがきちんと出来たら褒めてあげてくださいね♪

こんな記事も読まれています