出産後の入院生活で、あって良かったもの便利だったものって!?

5,781 views

サイトや雑誌などで、色々な入院準備品が紹介されていて、
どれを参考にしたらいいの!?という方もおられるかと思います。

ここでは、実際入院してみたら、これがあって助かった、
これを持っていけば便利だったなぁ、
と思ったものをいくつかご紹介したいと思います。



アナログ時計が意外と便利

授乳の間隔や時間を確認するのに、とても役立ったのがアナログ時計。
100均で売っている小さいもので十分使えるかと思います。

携帯の持ち込みはOKでしたが(電話は所定の部屋のみ)、
デジタルよりアナログの方が、私は分かりやすくて良かったです。

また、ライトが付くものや、蛍光塗料のものだと、
夜中でも見やすくて更に便利かと思います。

授乳回数などを記録出来る便利なアプリがあるので、
それを使う方は必要ないかもしれませんね。

ストロー付きキャップで楽々水分補給

ちょっとしたことだけど、
なかなか便利だったのがストロー付きキャップ。

これも100均で手に入れられるかと思います。
サイズによっては、合わない場合もあるので確認しておくといいです。

陣痛の痛みなどで寝たままでもこぼれにくいし、
キャップを取る手間もないので簡単でした。

また、私の病院は母子同室だったのですが、
赤ちゃんを抱っこしながらでも片手で楽に飲むことが出来て良かったです。

産後も痛くて動くのが辛いという方も、
手が届くところに置いておけばいつでも補給出来て便利です。

忘れがちなのが携帯やスマホの充電器

入院の準備はしっかりしていても、
うっかり忘れがちな充電器。
これはもう必需品といったところでしょうか。

出産報告の電話やメール、
赤ちゃんの写真を撮るなど大活躍な携帯やスマホ。             
でも充電器を忘れてしまっては、
それもすぐに出来なくなってしまいます。

病院によっては、
携帯の持ち込みが禁止されている所もあると思います。
その場合はテレホンカードや小銭等を、
忘れずに持って行きましょう。

夜用生理ナプキン&新生児用オムツ

これは病院で用意してくれるとは思うのですが、
それでは足りない可能性もあります。

病院の売店に売っているものだとやはり少々高いので、
買い置きなどがあれば多少持って行った方がいいかと思います。

夜用生理ナプキンは悪露用に必要になります。
日が経つにつれて、
大きすぎるものよりも30cmくらいの方が便利でした。

新生児用オムツは、
それぞれの赤ちゃんのオムツ交換の頻度によりますが、
足りない場合もあります。
その時に旦那さんなどに持ってきてもらっても良いかと思います。

いくらか現金があるといざという時便利

喉が渇いた時や小腹が空いた時、
何かが足りなくなった時や連絡を取りたい時…

今すぐ必要だけど面会時間が過ぎていて頼めない!!
なんていう場合も安心です。

そんなに大きな額は必要ないと思いますが、
多少のお金があると安心だし役に立つと思います。

いくつかではありますが紹介させて頂きました。
かさばらないものが多く、それほど負担にならないかと思います。
少しでも参考にして頂ければ幸いです。

あまり荷物が多すぎても大変なので、
ある程度見極めて準備すると良いです。

こんな記事も読まれています



シェア