子供がいるパパは家事・仕事で毎日大変!でも毎日が充実!

1,239 views

子供がいるお父さんは、家のことも仕事も大変ですよね。
我が家には、子供が2人(3歳の娘と5カ月の息子)います。上の子が娘で下の子が息子です。
パパは朝早く起きて、仕事に行く準備をして朝食の準備をした後、上の子を起こします。
寝起きは機嫌が悪いので、起こしてから10分はいつもお布団の中です。
ただ、いつまでも寝られてしまうと会社を遅刻してしまうので、こうゆう時は上の子の好きなテレビをつけて、興味を引きます。これ、結構効果あるんですよね。



朝ご飯はガッツリ食べています!

ご飯を食べる時、普段は補助椅子に座って食べるのですが、朝ご飯を食べる時は眠いからか、パパの膝の上にちょこんと座ってご飯を食べます。
熱いご飯とスープがいつもの朝ご飯なのですが、パパがフーフーしながら少しずつ食べさせます。
子供って昨日の晩ご飯で沢山食べていても、朝ご飯はガッツリ食べるんですよね。
眠い眠いって言っていても、朝ご飯を食べているとすぐに元気になります。
そして、「ご飯おかわりー!」と元気よくリクエストしてきます。
このテンションにパパはついていくのに必死です(笑)
ご飯を食べた後、保育所に行く準備を始めます。着替えをするのですが、自分でパジャマを脱いで服を着ることも出来るのですが、パパにはどうも甘えてきます。
「着替えれないー」と言ってきて、自分で着替えさそうとするのですが、時間もないのでいつもパパが着替えさせています(汗)

余裕を持った行動が必要です

上の子が保育所に行く準備が出来た頃、そろそろ家を出る時間が迫ってきています。
いつも思うのですが、子供がいる親って、早め早めの行動が必然となってきますよね。
上の子がいつ「トイレ行くー」って言うかわかりませんし、下の子が起きるとオムツを替えてあげたいと思いますし。。
自分だけの用事が済んだからといって、家を出れる訳ではありませんよね。
勿論ですが、ゴミの日であればゴミ捨て場に持って行く時間も考慮に入れなければなりません。
この迫ってきている短時間の中で、何をどこまで出来るか。
毎日が勝負です。全部出来れば自分自身に勝ったと思えますし、何か一つでも出来なかったら、自分自身のスケジュール管理のなさに対して反省をします。
でも、最近は毎日自分自身に勝てていますよ!

保育所から最寄り駅まではダッシュ!ダッシュ!!

家を出ると、上の子が通う保育所に行きます。
保育所は家から近くて、歩いて5分くらいのところにあります。
上の子と手を繋ぎながら元気よく行っています。
保育所に着くと、タオルや着替えの服を所定の場所に置いて、お布団を干したりします。
そして、子供と一緒に先生に対して朝のご挨拶をします。
これがまた何かと時間を要するんですよね。
全部の用事が終わって先生への朝のご挨拶が終わると、すぐに保育所を出て会社に向かわないといけません。
1分・2分遅れると遅刻してしまうという中で、急いで最寄りの駅まで早歩きで行きます。
でも、子供にとっては、パパの都合は関係ありません。
子供にとってはパパと離れるのは寂しいものです。
離れ際、子供は「パパ抱っこしてー」とか「パパ、遊んでー」とかリクエストしてきます。
時間が無いから無理!とキッパリ言うこともなかなか出来ず、少しだけ付き合って遊びます。
その後はご想像通りです。そう、駅まで走って行っています(汗)

毎日忙しくても、子供の寝顔を見るとノックアウト!

仕事はとても忙しくて、殆ど毎日が夜10時~11時の帰宅になります。
遅い時は終電になります。その時は妻も子供たちもすっかり寝ています。
みんなを起こさないようにお風呂に入って、洗濯をしてご飯を食べて洗い物をして、用事が全部終わると就寝します。
疲れて帰ってきても、子供の寝顔を見ると、疲れは吹っ飛びます。
毎日忙しくて大変ですが、何かと充実していて楽しくもありますよ。

寝相が悪い子供の仕草が面白い!

夜寝るときは、上の子と一緒に寝ます。
この寒い時期は羽毛布団(2人用)をパパと上の子で1枚で寝ています。
ビックリすることに、上の子の寝像は悪いです(笑)
布団を取られると、パパもさすがに寒いので布団を綺麗に整えようとするのですが、そうすると子供は本気で怒ってきます(笑)
これがまた面白いんですよね!
この本気で怒ってくるところが!
しかも、何を言っているかわからない言葉を連発しますので、パパはこれで目が覚めてしまうことも多いです。

こんな記事も読まれています



シェア