子供が誤飲しやすい5つのアイテム!危険!!

2,721 views

可愛い可愛いあかちゃん!

まだ何も分からない赤ちゃんは手で触って、口に入れて自分で色々なことを知っていきます。

なので危険なものでも分からず口にいれてしまいます。

家には大人は平気でも子供には危険なものが溢れているんです。

そんな赤ちゃんに危険なものを今回はまとめてみました。

ご注意くださいね!



乾電池

中でも気をつけていただきたいのがボタン電池。
子供に飲み込みやすい大きさでしかも飲み込むとアルカリ性の液体が発生して内臓を溶かすなどの危険性があります。
ボタン電池は小さく、子供用のおもちゃに使われていることもあります。
また、落とした拍子に留め具がついていないことで飛び出てそれを飲んでしまうこともあるようです。
飲んだかもしれない、と思ったらすぐに病院にいきましょう。
大変危険です。

洗剤・漂白剤など

病院に行くまで吐かせてはいけないものなどもあるようです。
何を飲んだのか、ということも重要になりますが、まず救急車を頼みましょう。
そこからどういった処置をすれば良いのか聞くのが適切だと思われます。
とりあえず、誤飲が起こらないように、子供の目の届く場所・手の届く場所には洗剤などを置かないことが第一です!
注意しましょう。

http://kodomo-qq.jp/?pname=goin

たばこ

こちらも危険です。
量によっては経過観察もあるようですが、少量からでも危険なことにはかわりありませんし、ニコチンの滲出液が危険なようです。
少し大きくなってからもパパが灰皿替わりに使った空き缶の中身をそのまま飲んでしまった…なんてことも聞いたりします。
気を抜かず、きちんと処理するようにしましょう!

ペットボトルのビニール

ペットボトルって赤ちゃん好きなんですよね。
持たせていると静かに遊んでいるからまぁいっかと放っておくと、まわりのビニールをびりびり破ってお口へ…なんて事故が増えているようです。
窒息の可能性があります。
知り合いで、実際に赤ちゃんが飲んでしまった、という話も聞きましたのであかちゃんにペットボトルを渡す時は前もってビニールをはがしておくことをおすすめします。
もちろん、蓋を口にいれるのも危ないのでご注意くださいね!

え?これってダメなの??豆類。

実は豆類も誤飲の危険性があるってご存知でしたか?
食べ物なので上記のものに比べると危険は少ないかもしれませんが、豆は食道ではなく気管に入ってしまうと肺炎などの病気になってしまうことがあるそうなのです。
もちろん気管に入るので呼吸困難を引き起こしたりもします。
ひどい場合には窒息もありえるようです。
実は小さな子供に与えるべきではない食べ物にも入っています。
意外と知られていませんが、こちらもご注意ください。

こんな記事も読まれています