和装を選ぶときのチェックポイント5選。結婚式で着てみたい!

4,927 views

ウェディングドレスもいいけど、やっぱり和装も着てみたい!という思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。

ウェディングドレス同様、和装も自分に合ったものを選ぶためのポイントがあります。

和装を選ぶときの参考にしてみてくださいね!

写真映えのする着物を選ぶ

結婚式では写真映えのするものを選ぶことをお勧めします。

結婚式当日は、たくさんのカメラを向けられますので、顔映りが良いものであることが重要なポイントになります。

顔映りを美しく見せてくれる色合いを選ぶように、まずは気に入った着物を試着してみましょう!

そして写真を撮ってみて、顔映りの確認をしてみてください。

着てみると、イメージと違く感じるのも和装ならではの魅力です。

普段の洋服では絶対に選ばない色が、似合ったりするものです。

柄や色の選び方

身長の高い方は大きな柄模様を、背の小さい方は小さな柄の模様が良いようです。

ぽっちゃり体型の方は、濃い目の色合いの地色を選ぶとスッキリと見せてくれるでしょう。

淡い色合いですと、膨張して見えてしまいます。

優しい雰囲気を出したい方は、パステルカラーなどの優しい色合いを選ぶのも素敵だと思います。

特に春から夏にかけては、パステルカラーはオススメですね!

お色直しで和装にするときの注意点

和装はドレスよりも手間と時間がかかります。

ドレスから和装に着替える場合、ヘアアレンジも大きく変えなくてはならないことが多いため、ドレスに比べて中座時間も少し多めにとっておく必要があります。

結婚式当日の時間配分なども予めチェックしておきましょう!

かつらにする場合は試着を入念に!

最近は和装に洋風のヘアアレンジをする斬新なスタイルも増えてきていますが、かつらを着用する場合には試着を入念にすることをオススメします。

フィットしていないと、頭が締め付けられる感じがしたり、当たりどころが悪く、気分が悪くなってしまうこともあるからです。

着物に合ったヘアスタイルでより美しく見せてくださいね!

新婦が和装なら新郎も合わせる

新婦が打ち掛けスタイルなら、新郎は黒紋付きの羽織袴スタイルになります。

和装にする場合は、彼の意見も確認しましょう!

新郎新婦の格式を合わせることが大切です。

いかがでしたでしょうか?

日本人ならではの和装スタイルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

一生に一度の結婚式、普段はなかなか着る機会のない和装も良いものですよ!

こんな記事も読まれています