突発性発疹の症状と対処方法。二度かかる赤ちゃんもいます!

2,119 views

はじめての赤ちゃんのお世話、大変ですよね。
ただでさえ小さくかよわい赤ちゃん。熱が出ようものなら、とっても心配。
今回は乳児期にほとんどの赤ちゃんがかかるといわれる、「乳児突発性発疹」のお話です。



突発性発疹とは?

38度以上の高熱が2~4日程続き、熱が下がると同時に体や顔などに赤い発疹が出る病気です。
お母さんから貰った抗体が無くなる生後半年頃から一歳になるまでの間にかかることが多く、初めて体調を崩す原因がこの病気という赤ちゃんも多いです。
ただ、誰でもかかると言われるような病気ですので、心配しすぎず経過観察をしましょうね。

感染するの?

突発性発疹はウイルス性の感染症の一つなので、感染します。
感染力は低いですが、特に発熱中は感染に注意しましょう。
未満児保育や検診、児童センターなどには症状が治まってから行くのがマナーです。

突発性発疹に二度かかる?

基本的には一度かかったら終わり、と言われています。
ですが、実は突発性発疹のウイルスには6型と7型と二種類あります。
ですので一度6型にかかって、6型の抗体ができたとしても、違うウイルスである7型の突発性発疹にはまた感染する可能性があります。

ウイルスの種類で症状は違うの?

実際私の子供は二度かかりました。同じ突発性発疹という名前の病気ですが、一度目はお腹や背中にやや大きめの発疹ができ、二度目は顔を中心に細かな発疹ができました。
ですがこれは同じウイルスでも個人差があるようなので、特に気にする部分では無いようです。
どちらも同じように、高熱が続いたのち、解熱と同時に発疹が出るのは同じですね。

突発性発疹になったらどうしたらいいの?

高熱が出た時点では突発性発疹なのかを判断することができません。
なのでまずはかかりつけの医師の診察を受けるようにしましょう。
その後、熱が下がった時に発疹が現れたら、改めて医師の診察を受けて「突発性発疹」であるとの診断を受けて下さい。
突発性発疹であることが分かれば、あとは経過観察で大丈夫です。

いかがでしたでしょうか?
小さな赤ちゃんの全身に発疹が出るので、すごくかわいそうに見えますが、ほとんど全員が通る道。
いつもよりぐずり気味になる場合もあるので、優しく見守ってあげて下さいね。

こんな記事も読まれています