妊娠中のカフェインってNG?飲んでもいい物は?まとめ

1,149 views

妊娠中はカフェインはダメとよく耳にします。

妊娠する前はカフェインを気にせずコーヒー、紅茶やお茶など飲んでたのにどうして妊婦さんにはカフェインがよくないのでしょうか?

カフェインを摂取する事によってデメリットは何なのでしょうか?
カフェイン無しのコーヒーや紅茶があれば飲んでホッと一息つきたいですね。

妊娠中はカフェインを摂取するのはダメですか?

妊婦さんは出産が終わるまで常に大変な状態です。
妊娠中は特に眠くなる事が多いのでコーヒーや紅茶をどうしても飲みたいと思う時がありますね。

でもカフェインは赤ちゃんには良くありません。
胎児と母体に影響があります。

多く摂取し過ぎると落ち着きがなかったりヒステリーのように泣く赤ちゃんが産まれる確率が高くなります。

ママが摂取したカフェインは胎盤を通じて直接赤ちゃんに届いてしまい早産、流産の危険性を伴います。

カフェインが胎児に与える影響は何ですか?

カフェインは気分をリラックスさせたり落ち着く効果が得られますが、妊娠さんが1日に摂取しても胎児に影響が少ない量としては約300mgと言われていますがあくまでおおよそなので目安として考えて頂ければいいと思います。

カフェインは胎盤を通じてママが摂取したその濃度のまま赤ちゃんに届いてしまうので体が小さい赤ちゃんにとっては大変な量です。

内臓もまだ完全でないので赤ちゃんの体内で充分に分解されず排出出来ません。
また不眠や興奮、落ち着きがないなどの副作用があり胎盤の血流を減少させてしまいます。

コーヒーや紅茶が好きな方は徐々に量を減らそう!

妊娠前はコーヒーや紅茶を気にせず飲めたのに妊娠したとたんにカフェインが良くないから一切ダメとなるとイライラしたり禁断症状が出たりとストレスを感じる事があります。

ノンカフェインのコーヒーはどうでしょうか?
普通のコーヒーとあまり変わりないのに香りを楽しみながら飲めるならノンカフェインの方が赤ちゃんにもいいのではないでしょう か。

今はノンカフェインの飲料が種類も多く妊婦さんには嬉しいものですね。

妊婦さんにオススメなノンカフェイン飲料の種類

ノンカフェインはカフェインが含まれていない、カフェインを取り除く処理を施したコーヒーやお茶、紅茶など色々ですね。

その中でも妊婦さんにオススメはたんぽぽコーヒー、たんぽぽ茶といったカフェインゼロの飲料です。

これは血液の流れを良くし、母乳が出やすくなる効果があるので産院でも勧められています。

赤ちゃん用品が売ってるショップやドラックストアにも売ってたりするのでお試しあれですね。

その他、スーパーでもノンカフェインの紅茶がりんごや、ピーチの香りの物など種類が豊富なので妊婦さんにとってはリラックス効果がかなり期待出来そうですよ。

カフェインはどんな飲料に入っているの?

カフェインと聞くとまずコーヒーが一番頭に浮かびますね。

紅茶やお茶などもカフェインは含まれていますがこれを見ると以外な物に入ってます。コーヒーカップや湯のみ一杯の量ですと………。
●お茶(玉露)150mg
●コーヒーエスプレッソ 140mg
●コーヒードリップ 135mg
●コーヒーインスタント 78mg
●栄養ドリンク 50mg
●ココア 45mg
●紅茶 30mg
●玄米茶 15mg
こう見ると以外にもお茶(玉露)
が多いようです。ですがやはりコーヒーもそれなりに入っているので出産が終わっても授乳中の間は赤ちゃんの事を考え、出来るだけノンカフェインにした方がいいでしょう。

こんな記事も読まれています



シェア