妊娠中のむくみの原因と治療法まとめ

2,432 views

妊娠中のむくみは、ほとんどの妊婦が経験しますね。

冷えとむくみは、妊婦の大敵。

むくみについて、原因と、解消方法などまとめてみました。



むくみとは?

むくみとは、身体の中の水分が貯留した状態で、痛みを伴わずに腫れてしまうことをいいます。

怪我をした時の腫れとは違い、腫れている部分は水分なので、手で押すと容易に跡が付きます。

むくみは別名を浮腫(ふしゅ)と呼びます。

原因

妊娠すると、体内の血液が増加していきます。
妊娠中は、ママと赤ちゃんの血液や水分を抱えるため、むくみやすいです。
また、
・塩分の過剰摂取。
・つわり等からくる運動不足。
・妊娠にともなう体重増加。
・冷えによる血流の滞り。
なども、原因と考えられます。

むくみがひどいと、妊娠高血圧症候群になる可能性もあるので注意が必要です。

解消法

・寝る時や休息をとる時に、クッションなどを足の下におき、足を高い位置にあげて寝ると効果的です。

・靴下・レッグウォーマーなどで、足を冷やさないようにしましょう。冷えてしまった場合は、足浴がおすすめです。

・リンパマッサージで足の血行を良くすると、むくみ解消につながります。

ただし、子宮の周りや、子宮を刺激するツボは避けて気をつけてマッサージを行いましょう。

解消法<運動>

ウォーキングやヨガなど、身体や足を動かすことで、血流の改善になるのでおすすめです。

しかし、妊娠前と同様の運動はできません。
赤ちゃんがいる事を忘れず、無理せず、体調と相談して、運動することが望ましいです。

解消法<食事に気を付ける>

塩分を控え、カリウムの多い食事を心がけることでむくみ解消が望めます。

リンゴやバナナにカリウムが多いといわれています。

また、利尿作用のあるお茶を飲んだりして、むくみの原因である水分を排出することもできます。

こんな記事も読まれています



シェア