つわりはいつからいつまで?症状は?など気になるあれこれ。

1,996 views

妊娠していることが分かる時、または分かってから起こるつわり。症状、重さは人それぞれで、全くつわりがなく過ごせる方もいます。逆につわりが酷いと、このような状態がいつまで続くのか不安になりませんか?という疑問をまとめてみました。



いつからいつまで?

では、いつから始まるの?ですが、
私は5週2日、胎嚢が確認できてから始まりました。
よくドラマで吐き気がしてまさか?とつわりらしい症状が先行する方もいるかと思います。
実際、始まるのは早い人で4週目あたりからで一般的には6~7週目からと言われています。
そして、つわりがある方には辛い毎日ですが
赤ちゃんがスクスク育っていることを感じられる毎日でもありますよね。
と、そんな余裕もないかもしれませんが・・・
やはり辛いと「いつ終わるの?」と検索してしまいます。
個人差はありますが14~16週には終わると言われています。
私は20週弱まで戦っていた記憶がありますが。

http://つわり改善.com/tisiki/itsumade.html

症状

つわりのピークは8~11週と言われていますが、どういう症状なのか。
個人差はありますが、
吐き気、嘔吐
胸やけ、胃痛
においに敏感になる
眠気
便秘、下痢
頭痛
食の変化
心理的不安定、です。

朝から晩まで吐いている場合や体重が4~5kg減る、水分を受け付けず尿も少なくなった、フラフラする場合は1度病院へ行き相談しましょう。点滴や薬を処方してもらえることがあります。

http://www.pixy.cx/~kamosika/syouzyou.html

赤ちゃんの成長

妊娠2ヶ月で赤ちゃんの各器官が形成されます。
心拍が確認されるのもこの時期、心臓ができるのです。
妊娠3か月では手足や胴体が伸び2頭身から3頭身へとどんどん人間らしく成長していきます。
骨や筋肉ができるのがこの時期。そして歯や指の爪も伸びます。
口や鼻が分離すると羊水が飲めるようになり、腎臓の発達でおしっこをします。

お母さんがつわりで苦しんでいても割と
赤ちゃんはお母さんの今までの蓄えを頼りに元気にしていることが多いです。

http://www.ikujizubari.com/maternity/3-months-baby.html

乗り越えかた

味の好みも変わったり、においにも敏感になり、
今まで食べられていた物が食べられなくなったりするものです。
あまり偏った食事は栄養面が心配になりますが、
少しでも食べられるもの、飲めるものを摂るのが1番です。
日によって違う方もいますし、ずっと同じものばかり食べている方も。
炭酸飲料は人気があるみたいですが、
コーラやサイダーばかりだとカロリーオーバーしてしまうので
無糖の物を選ぶなど工夫しましょう。
アイスも人気ですが、こちらもカロリーが気になる場合は氷に変えたり、
フルーツを凍らせるのも良いかと思います。ミキサーでシャーベット状にするのもありですね。
あとは冷奴や冷やしそうめんなどは食感が柔らかく食べやすいです。
何か食べていないと落ち着かない「食べづわり」の方や口の中にネバつきが気になる方は
飴やガムを食べてみてはどうでしょうか?
食べ物以外にも、下着は締め付けないようにする、音楽を聴く、アロマでごまかすなど。
アロマは使えるのと、使えないものがあるので確認してから使用しましょう。

http://www.babys-room.net/maternity/maternityroot/tuwari.html

つわりと仕事

仕事をしている方にとってつわりは仕事中だけなく、通勤も大変ですよね。
安定期に入っていないのに、
職場へはいつ報告するべきなのか悩む方もいらっしゃるかと思います。
やはりつわりは予測できないものですので、
早めに上司にだけでも打ち明けるのが良いかと思います。
通勤は人ごみを避けて、なるべく快適に。
仕事を夢中でしていると、つわりが紛れる時もあります。
空腹からの吐き気を避ける為に飴などを持っておくのも良いかと思います。
休憩はこまめに取りながら、体調を第一に考えましょう。
あまりにつわりが重い場合や、切迫流産などの時には
医師から証明がもらえますので確認してみて下さいね。

http://tamahiyo.jp/ninshinshoki/basic_column/9week/t_kihon02_detail.html

こんな記事も読まれています