沐浴は気持ちいいよ!赤ちゃんのお風呂の手順

2,624 views

初めての赤ちゃんを沐浴させた時、本当にドキドキしました。大切が故に体に力が入ってしまうのですね。でも、よく考えてみれば、つい数日前までずっと水の中にいた赤ちゃんですもの、きっとお風呂は気持ちいいはず!楽しんで沐浴させてあげましょう。その手順をざっと紹介します。

必要なもの

沐浴に必要なものは何はなくてもベビーバスですね。お風呂上りに使う、バスタオル、沐浴中に体を洗うガーゼ、洗面器、温度計、ベビー石鹸、着替えです。着替えはあらかじめセットしておくとさっと着せられます。

ベビーバスに39度ぐらいのお湯を張り、お母さんの利き手側に石鹸をおいておくと便利です。一人で入れる場合は上がり湯をかけてもらうことができないので、41度くらいのお湯をあらかじめ上がり湯用に洗面器にセットして、利き手側においておくと便利です。

では、実際にの手順です。

お湯に入れる

ガーゼをお腹にかけて、利き手ではない手で赤ちゃんの首を支えましょう。赤ちゃんを包んだ状態で、足からゆっくりお湯に入れてあげます。赤ちゃんの手がバタバタした状態だと、赤ちゃんはとても不安なので、両手にガーゼを握らせてあげてもよいですよ。
赤ちゃんはとても軽いので体にお湯をかけながら湯船に入れてあげましょう。

顔・頭を洗う

お湯に浸かったら、そのまま顔を洗います。まずはガーゼで顔をふきます。
目頭から目じりにガーゼを動かし、目を一番最初にふきましょう。その次に鼻、鼻の周りから口の周り、顎、額、頬の順番にふきましょう。
その後に、利き手で石鹸を少量とり、口の周りや頬、額などを洗いましょう。
ちなみに、筆者の場合ですが顔にはあまり石鹸は使いませんでした。少し湿疹が気になるときに使う程度でしたね。

顔が洗い終わったら、頭を洗います。髪をぬらした後、利き手で石鹸を泡立て円を描くように洗いましょう。洗い終わったら、お湯を含ませたガーゼで洗い流しましょう。

体を洗う

まずは体の前面を洗います。
首からわきの下、腕、指を洗い、胸からおなか、股、足の順にあらいます。
基本はくるくるとお湯の中で洗いますが、首、わきの下、股は丁寧に洗いましょう。
「気持ち良いね~」などと声をかけながら洗うと楽しいですね。

そして、体をひっくり返し、背中を洗います。
お腹にかかっていたガーゼをはずし、利き手側に持ちかえるのですが、このときに利き手を赤ちゃんの脇にいれてうつぶせの状態にします。また、ガーゼをはずす時に赤ちゃんの手がバタバタしがちになるので、声かけをしながらさっとうつぶせにしましょう。

背中が見えたら、首の後ろ、肩、背中、お尻の順に洗います。
お尻は特に念入りに!

沐浴終了

全て洗い終えました。もう一度、利き手ではないほうの手に赤ちゃんを持ち替えて、仰向けの状態にし、、上がり湯を足からかけましょう。

あらかじめセットしておいたバスタオルにくるみ、念入りにふいた後、着替えましょう。

沐浴は1ヶ月健診でOKが出れば、卒業できます。

こんな記事も読まれています