赤ちゃんや子供のおうちカットを自宅で成功させるコツ

3,310 views

子供が小さいうちは、自宅で散髪するというママさんも多いはず。お金がかからないのも魅力ですよね。しかし、いざ自宅でしようすると、子供がじっとしていなかったり、自然な仕上がりにならなかったりと、ヘアカットは意外に難しく、失敗してしまうケースも多いようです。

そこで今回は、そんなお悩みを抱えるママさんに役立つ、自宅で上手にヘアカットするコツをご紹介します。



カット前にしっかり準備を!

・ヘアケープ
ケープがあれば髪の毛が飛散しにくくなるので、後片付けは断然楽になります。もしもケープがなくても、風呂敷やごみ袋で即席ケープで代用することもできますよ。

・ヘアカット用のはさみ
散髪用のはさみを用意しましょう。工作用のはさみよりも切れ味が良いですし、お子様の繊細な髪の毛を痛める心配もありません。うちは赤ちゃん本舗で買った子供用のカットばさみです。

・コーム
指で髪を摘んで切っても良いのですが、コームがあると長さのズレが減ります。

・新聞紙
床に髪の毛が散らばるのを防ぎます。風呂場やフローリングであっても、細かい髪の毛の掃除は予想以上に大変なので、新聞紙を敷いた方が無難ですよ。

・霧吹き
子供の髪をちょっとづつ濡らして切ると、髪の毛も散らばりにくく切りやすいのでおススメですよ。

髪の毛を少しづつ霧吹きで濡らして。心配な場合は乾いた髪でもOK

髪は濡らすと長く見え、乾いた状態の方が短くなります。なので、切りすぎ防止のためには乾いた状態で切った方が無難。しかし、髪がつかみにくかったら、少し霧吹きで濡らした方がつかみやすかったりまとめて切れるので、そんな場合は少し濡らしましょう。しかし、濡らしすぎには注意です。

顔の周りの髪から切っていく

最初は顔の周りから切っていくのがコツです。この時点で揃いすぎているように感じても後ですきバサミですくので気にせずに揃えていきましょう。

まだ2歳くらいの髪の毛が少ないうちはあまり考えなくていいともいますが、髪が多くなるにつれブロッキングした方が断然仕上がりがすっきり見えます。なので、少しづつブロッキングをしてサイドをすいていってくださいね。この時に根元からすくとボリューム感が出やすいので、中間部分からすいていって。また、もみあげ部分はコームを挟みながらすくと失敗しにくいですよ。

トップの髪をすきバサミでカット、前髪は持ち上げてカット

ブロッキングが終わったらトップの髪の毛をすいていきます。髪の多い部分なので多めに切ってもOK。自信がなかったら一束づつねじりながら切っていくとうまくいきますよ。また、縦にはさみを入れた方が失敗が少ないです。

前髪のぱっつんって意識的にする場合以外は怖いですよね。そんな時はコームでといてからまとめて持ち、上に持ち上げて長い部分をカットしてください。こうすることで、真ん中が短め、横にいくほど長くなり、自然なカーブがつきますよ。

基本はすきバサミのみでカット。えりあしなどそろえるののみカットバサミで

慣れないうちはスキバサミだけでカットするのが安全。髪の毛を一束とり何回かねじって、束の真ん中ぐらいから手前に3回切ります。長さをそろえる所で更に何回かハサミを入れれば、自然な仕上がりになります。

カット中子供が飽きてしまうとママも慌ててしまいます。なので、DVDなどを見せながらカットすると子供も集中できますよ。また、細かい部分はママのまゆカット用のはさみを使うとよいですし、自信がない場合はあまりざっくりいかず想像より少し短めからカットしていくと安心ですよ。

こんな記事も読まれています