離乳食の鶏ささみ料理を子供の月齢ごとにご紹介

1,422 views

お肉はくせのない鶏ささみがおススメです。離乳食の初期の後半ぐらいに、調子よく進んでいるようでしたら、取り入れてみてください。月齢ごとのメニューをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

初期(5~6ヶ月)豆腐のだし煮

材料:絹ごし豆腐 20g だし汁 大さじ1+2/3
①豆腐を適当な大きさに切る。
②鍋にだし汁と①を入れ、弱火でコトコトと煮る。
③すり鉢に入れ、すりこ木ですりつぶし、なめらかにする。
※トロリとしていてゴックンしやすいメニューです。なめらかな絹ごし豆腐は、離乳食の初期や舌触りのよさを味わいたい料理に向きます。

中期(7~8ヶ月)豆腐のみそ汁

材料:絹ごし豆腐 30g だし汁 1/4カップ みそ 小さじ1/4
①豆腐は5mm角に切る。
②鍋にだし汁と①を入れ、3~4分煮る。
③②にみそを溶き入れ、火を止める。
※和食の定番メニューを赤ちゃん向けにしたメニューです。舌でつぶして食べる中期のかたさの目安にぴったりです。

後期(9~11ヶ月)豆腐と青菜の煮びたし

材料:木綿豆腐 50g ほうれん草(葉先) 5g だし汁1/4カップ 醤油 少々
①豆腐は1cm角に切る。
②ほうれん草は熱湯に入れてゆで、みじん切りにする。
③鍋にだし汁を温めて醤油を加え、①と②を入れて、2~3分煮る。
※絹ごし豆腐、木綿豆腐は好みで使い分けしましょう。

完了期(12~15ヶ月)豆腐と鶏ひき肉の炒め物

材料:豆腐 40g さやいんげん 5g 鶏ひき肉(皮なし) 10g サラダ油 小さじ1/4 だし汁 1/4カップ 醤油 少々 水溶き片栗粉 小さじ1+1/3
①豆腐は1cm角に切る。
②さやいんげんは熱湯に入れてゆで、小口切りにする。
③フライパンにサラダ油を熱して鶏ひき肉を炒め、①、②を加えて2~3分煮る。
④③に、水溶き片栗粉を回しいれてとろみをつける。
※とろみがついてそぼろも食べやすいメニューです。

まとめ

豆腐は良質のたんぱく質に富んだ食品です。消化、吸収もよく、離乳食にはおススメです。また、大人なら冷してそのまま食べる冷奴などの料理も子供の場合はゆでてあげるようにしましょう。
美味しい豆腐料理ができますように。

こんな記事も読まれています