赤ちゃんの泣き声を聞き分けられますか?

1,545 views

赤ちゃんは、私たち親が願った通りに、育ってくれるとは限りません。

赤ちゃんは、赤ちゃんのペースで成長していくのです。

ママのお腹から、オギャーと生まれた瞬間から、一人格を持った一人の人間です。

だから、たとえどんな回り道をしたとしても、一歩退いて自然な成長を見守っていくことが出来たらいいと思うのです。



いつ泣いたのか、思い出す

赤ちゃんの泣き声を聞き分けるのは、少し練習が必要だと思います。
まず、赤ちゃんが泣きだしたのは、いつかという事に注目してみましょう。
それまで赤ちゃんは、眠っていましたか?
ご機嫌よく、遊んでいましたか?
おっぱいを飲んだ後でしたか?おむつは濡れていませんか?

初めて寝返りを打ったとか、ハイハイした直後でも、急激な成長や発育上の変化が、赤ちゃんの食欲や睡眠のリズムに影響を与えることもあるので、そういうことも踏まえて、興奮した可能性はないか、遡って考えることも大事だと思います。

周りの状況も考えてみよう

その時、家の状況はどんな風だったでしょうか?
例えば、掃除機をかけていたとか、電話が急に鳴り出したとか、外で犬が吠えていたとかというようなことがあれば、赤ちゃんは、大きな音が原因で、泣き出した可能性もあります。

それから、赤ちゃんは匂いに、すごく敏感に反応します。
その時、ママはお料理していましたか?
赤ちゃんのそばに、芳香剤などを置きませんでしたか?

ママは疲れていませんか?

赤ちゃんは、ママの心理状況を読み取るのが得意なようです。
だから、ママが疲れていたり、何か落ち込んでいたりした場合は、それを、鋭く察知する可能性があります。
例えば、パパとママが喧嘩をして、そのあとすぐに授乳した場合、赤ちゃんは、間違いなくママの様子が、いつもと違うと感じます。

現実的には、そういうことはよくあるし、迷っても落ち込んでも仕方ないし、時には夫婦喧嘩して怒ることもあるでしょう。
悪いのは、ママの不安や、怒りを赤ちゃんに感じさせること、つまり、八つ当たりしてしまう事です。

赤ちゃんが泣くことに対して自分を責めるのはやめよう

よその赤ちゃんは、大人しくてあまり泣かないのに、家の子は、いつもグズグズ言って、泣いてばかりいる。
何故だろう?
でも、決して自分を責めないで下さい。
よその赤ちゃんと、自分の赤ちゃんを比べるのはやめましょう。

ママが悪いから、赤ちゃんが泣くわけではありません。
赤ちゃんは、人格を持った一人の人間です。
それを、忘れずに、少しずつ赤ちゃんを理解していきましょう。

親はこうあるべき?

泣いている赤ちゃんを、落ち着かせるには、まず自分が落ち着く必要があります。
そして、こういう場合、良い親ならこうするべきというような概念があるのなら、捨ててみてください。
他の赤ちゃんには良くても、あなたの赤ちゃんには良いとは限りません。

赤ちゃんが泣く場合、どこか具合が悪くて泣く場合もあるので、それには充分、注意してください。
それ以外は、ママやパパにこうしてほしいと話しかけているのだと
思って下さい。
言葉が話せない赤ちゃんは泣くことで、何かを伝えているのです。

こんな記事も読まれています