産後クライシスや育児ノイローゼになりやすいタイプと注意点

2,439 views

妊娠や出産でのホルモンのバランスの崩れや睡眠時間もそれ程持てない状況で休みなく家事や育児を行うことで子育て中のママ全員に可能性のある産後クライシスや育児ノイローゼ。しかし、全員が起こる訳ではなく中でもなりやすいタイプのママに起こっています。ここでは育児ノイローゼになりやすいタイプと育児ノイローゼにならないようにする為の方法をまとめてみました。

産後クライシス

産後クライシスは妊娠や出産で女性ホルモンのバランスが崩れることで起こるものなので、これはホルモンのバランスが正常になるまでに何とか色々自分でストレスを溜めない方法を見つけてこの時期を乗り切るしか方法がないことが現実です。この時期にそれを怠ると最悪パパと離婚だなんて事態になってしまうことも最近は多いようなので、自分に合ったストレスの解消法を見つけたり自分の時間を作ることは自分の家庭を守ることでもあるので何か良いストレス発散法を探してみてください。

マジメな人

育児書を読み漁り自分の子と少しでも違うと不安に感じてしまったり、人の子と比べて成長が遅いと思った時に不安のあまりノイローゼ気味になってしまう方が多いようです。子供にそれぞれ個性があるように育ち方にも個性があって決まりなんてありません。私は育児書は見たことがありません。見ても不安しか残らないのなら見る必要は無いと思います。人から聞いたことや見たことは参考程度にとどめるのがベターです。

我慢強い人

我慢することは決して悪いことではないですが、限度を超してしまうのは良くないです。ある程度のはけ口がないと誰でも精神的に参ってしまいます。実際に外に出てお友達と話すことや外に出る時間を作ることが難しい環境であれば電話などで話を聞いてもらうだけでもじゅうぶんストレス軽減にはなるので我慢していることがあるのなら、愚痴として発散するのはとっても良いと思いますよ。

手抜きは悪いことじゃない!

子供を一時保育に預けたり両親にお願いして、家事も休んで1人でおうちでゆっくりしたりお友達とランチに出掛けたりたまには母親や妻という立場から離れてみるのもとっても大事!義母などにはなかなか子供も預けにくいなんて方も多いと思うので、可能であれば自分側の近い身内に子供を預けられる場所があると気分的にも楽になれますよ。手抜きをすることは悪い!なんてイメージは捨てて手抜き出来ることはどんどんしましょう!

自分も大事に思える人

家庭を持って子供もいるのに自分を主張だなんてワガママと思う方もいるかもしれないですが、自分のことを主張出来る人の方が実はうつにはならない可能性が高いそうです。やることを普段していれば、たまに自分の主張をしても誰もワガママだなんて思わないです。手抜きだって人が気付かない程度の手抜きであれば手抜きしてたって主張しても良いのです。休めるときには休んで自分の体を大事にすることは家族の幸せにも繋がること。自分1人の体じゃないことを忘れずに手抜きをしてみてはいかがですか?

こんな記事も読まれています