簡単セルフカットで子供のヘアカットを上手にするコツ

4,357 views

小さいうちはママカットで済ませるお子さんも多いと思います。小さい子のヘアカットはとっても難しく、失敗してしまうこともありますよね。でも、大丈夫!簡単に上手にカット出来るコツを調べてみました。

まず、準備から!

カットに必要なものを準備しましょう。

①散髪用ハサミ&梳きバサミ

これ、ちゃんとしたものを購入するのをおススメします!
子供用のヘアカット用のハサミは薬局やベビー用品売り場に売っていて、手軽に買うことができますが、長く使用できるのと自分の前髪を切る時ように少し良い物を購入しておくと、子供が大きくなってきても使用できるので買っておくと便利です。また、切れ心地が全然違うので、髪型を作るのにもちゃんとしたハサミのほうがうまくいくし、時間短縮にもなります。子供のヘアカットは手早くささっと済ませたいですよね。

美容師の方がおススメしているのは「貝印」のステンレス製のハサミ。お値段はそれぞれ1000円ちょっとなので、割合買いやすいです。
長く使うと思えば購入しやすいお値段です。

②子供が座る椅子&新聞紙

新聞紙はないお家もあるかもしれないですが、あったほうがお掃除が断然らくちんです。

③カットした毛が付かないようにするクロス

洋服に髪の毛がつかないようにするもの。100均などでも購入可能。

④カット中動かないようにするためのタブレットやスマホなど。もしくはお気に入りの本。

テレビが見える位置であればテレビをつけてもOK.とにかく目的は「カット中に子供が動かないようにすること」。
カット中におとなしく座っていてもらうために手元に何かを持たせておくのは重要です。

⑤カット用のコーム

子供の髪の毛は絡まりやすいので、目は大きめなもので用意を。
100均でももちろんOKですが、きれいにカットするにはコームは必須アイテムなので必ず準備を。

ちびっこのカットはスピードが命!!

まず最初に切る部分を確認しておきましょう。
ちびっこはとにかくじっとしていられないので、5分から10分以内には仕上げてあげないと我慢して座っていられません。
なので、まず最初に切る場所を決めておくのです。ただやみくもにカットしてしまうと、時間はかかるし失敗するもと。
切るポイントを2つに分けて考えます。
伸びてしまって切る部分=前髪や襟足など。トップの部分はデザインにかかわるところなので、とりあえず伸びてしまって切るところが優先でイメージをしておきましょう。

http://bello.red/child-cut/2015/04/15/

カットのポイント!怖がらずにまっすぐカット。

子供のカットは非常に難しく美容師さんでも、カットしたラインが残り易いそうです。
ですので「縦切り」と言うジグザグに切る切り方は、素早く仕上げたいちびっこカットの場合、時間をロスしてしまうのでやらないほうが良いです。
ジグザグに切っても真っ直ぐ切っても、結果はほとんど同じでパッツンとしたラインが残ってしまうので、時間の早い方法を取ったほうが後でデザインをしやすいので、ここは怖がらず、真っ直ぐ切りましょう。

真っ直ぐ切ると当たり前えすが、パッツンとした感じになります。
ここで「梳きバサミ」の登場。梳きバサミを縦にして入れてあげれば簡単にジグザグなラインにできますよ!

http://bello.red/child-cut/2015/04/15/

カットの印象を決める前髪カットのコツ。

先日我が家の娘のカットをしたのですが、前髪カットに失敗し、思いのほか短くなりすぎてしまいました。
しかも、パッツン。リアルな火垂るの墓の節子になりました…。
その反省を活かし、今回前髪のカットのこつも調べました。

道具は先ほどあげたものにプラスして、前髪カットにはヘアクリップが必須。
無印のものなどが使いやすいですよ。

①前髪は単純に真っ直ぐ切る事を意識してカット!パッツンでOKです。
横幅があるようだったら、左と右を分けてカットしましょう。

※前髪を下した状態で真っ直ぐではなく、カットする状態で上にあげている状態で真っ直ぐにカットする事が大事。

②前髪がカットできたらもみあげと前髪を真っ直ぐつなぎましょう。そうする事で顔周りの細かい毛がなくなります。

③前髪を梳きバサミで縦に入れてパッツンとしたラインを整えましょう。

※梳きバサミを入れるときは慎重に!1回入れるだけでデザインが変わってしまいます。あとは時間の許す限り梳きバサミを「細かく」使ってデザインしたら完成です。

http://bello.red/front-cut/2015/05/13/

まとめ

いかがでしたか?

ちょっと文章だけだと分かりづらい部分もありますが、要は「子供を動かさないための準備」を整えてスピーディーに終わらせるように道具をそろえておく。
そのあとは「パッツン」を恐れずにまっすぐ切ってOK.
最後に梳きバサミで調整を入れる際には、細かく入れていきます。梳きバサミを大胆に入れてしまうと取り返しのつかないことになりかねないので要注意です。

我が家では4歳の息子のヘアカットも私がしていますが、このカット法で割合失敗知らず。
先日2歳の娘は前髪を大失敗してしまいましたが…。

ママカットが上手であればわざわざ美容院へ行かなくても良いですし、お金も時間も節約になりますよね。
頑張って腕を磨きたいと思います!!

こんな記事も読まれています