ボーイスカウトって何をするの?いろいろ学べます!

2,732 views

芸能人がやっていたと話したことで知名度がぐっと上がった『ボーイスカウト』。

具体的にはどんな活動をしているのか、知らない方も多いのでは?

仲間たちと自然の中で遊びながら、さまざまなことを身につけられるボーイスカウト。

魅力いっぱいの活動内容をご紹介します。



ボーイスカウトとは

ボーイスカウトは、1907年にイギリスで誕生しました。
ロバート・ベーデン- パウエル卿が「遊び」を通して少年たちに自立心や、協調性、リーダーシップを身につけさせようとしたのが始まりです。
現在では世界の162もの国や地域でスカウト活動が行われています。

アポロ11号の搭乗員であるニール・アームストロングやジョン・F・ケネディなど、数多くの著名人がボーイスカウト出身です。

また、ボーイスカウトには女の子も入団することができます。
ガールスカウトには男の子は入ることができません。

野外活動

ボーイスカウト運動はキャンプから始まりました。
そのため、今でもボーイスカウト活動の中心は野外活動です。

ロープワークは基本中の基本、いろんな結び方を覚えます。
自然の中で遊び、自然の不思議や仕組みを学ぶ『ネイチャーゲーム』を行っているところもあります。
他にもサイクリングやハイキング、川遊びなどさまざまな活動を行います。
遊ぶだけではなく、自然の厳しさも学ぶことができますよ。

キャンプ活動

夏の活動のメインは、なんといってもキャンプです。

テントを張るところから始まり、かまども自分たちで作ります。
火起こしから料理まで、みんなで協力して進めていきます。
ナイフの使い方も覚えることができますよ。
そしてなんと、トイレまで自分たちで作ってしまうんです。
肉体的にも精神的にも、とってもよい訓練になりそうですね。

慈善活動

人間愛と奉仕の心がボーイスカウトの基本。
慈善活動も積極的に行います。
募金活動やゴミ拾い、清掃作業などを行います。
具体的な活動内容は団によって異なっているようです。

また、ボーイスカウト日本連盟では世界各国への支援活動も行っています。

国際交流

世界中のボーイスカウトとの国際交流も行っています。

日本では4年に一度日本ジャンボリーというイベントが開催されますが、海外のスカウトも参加して盛大に行われます。
野外活動をメインに、相互理解と国際親善を図るのが目的のイベントだそうです。
世界ジャンボリーも開催され、日本のスカウトももちろん参加することができます。
他にもさまざまなイベントが実施されているようですよ。

ボーイスカウトでは、他では学べないようなことを身につけることができます。
信頼できる仲間もたくさんできますし、習い事のひとつとしてとってもおすすめです。

こんな記事も読まれています