子どもにおすすめの文化系習い事5選!

2,386 views

子どもに何か習い事をさせたい!と思っている親御さんは多いですよね。

家や学校の勉強だけでは身につかないことを学ぶことができ、将来に役立つことも多いです。

文化系の習い事のうち、おすすめの5つをご紹介します。

お子さんが楽しく学べるような環境づくりをサポートしてあげてくださいね。



ピアノ

一昔前までは女の子の習い事というイメージだったピアノ。
最近は男の子でも習う子が増えてきています。

ピアノは、脳を鍛えるのにぴったりの習い事なんです。
左右の手で別々に指を動かしたり、先を読んだり、楽譜を暗記したり…すべて脳の働きを高めてくれます。
芸術的な素養も育ちますし、音楽がリラックスさせてくれるのでキレにくい子に育ちます。
また、楽譜どおりに弾くのではなく感情を込めて弾くことを練習するため、想像力と表現力も育ちますよ。

将来音楽系の道にすすまないとしても、習っておいて損はないと思います。

英会話

日本人は英会話が苦手な人が多いと言われています。
英語の発音を聞き分けることができないからと言われていますが、それは子どもの頃に英語に触れていなかったからです。

小さい頃から英会話を学んでいると、英語に違和感なく馴染んでいくことができます。
日本語を学ぶのと同じ感覚で英語の発音を覚えることができ、聞き分けるための耳も育ちます。
子ども向けの英会話教室は遊び感覚で学べるところもありますので、そういった教室で楽しく学べるといいですね。

書道

書道もおすすめの習い事です。
書道には、字がきれいになる以外のメリットもたくさんあるんですよ!

まず、きれいな字を書くためには正しい姿勢で書くことが大切。
そのため姿勢がとっても美しくなります。
静かな環境で集中して文字を書くため、落ち着きと集中力も身につきます。

文字をバランスよく配置し、バランスよく書くにはどうすればいいのかを常に考えながら書くので、思考力も身につきますよ。

最近はパソコンやスマホの普及でめっきり文字を書く機会が減ったという方も多いのでは?
手で文字を書くことを、子どもの頃から習慣づけておきたいですね。

リトミック

リトミックは小さい子向けの習い事です。
音楽を使って、身体的・感覚的・知的に優れた子どもの育成を図ります。

ピアノやCDに合わせて動き回るのがリトミックの基本です。
音に合わせて体を動かすのでリズム感が身につき、体を動かす力、集中して音楽を聞く力も身につきます。
情操教育や生活習慣を身につけるのにも役立つようです。

お遊び感覚でできるので、子どもの初めての習い事にはぴったりではないでしょうか。

そろばん

パソコンやスマホの普及により、最近は自分の頭で計算をするという機会がめっきり減ってしまいました。
そろばん教室の人気も一時期は低迷したのですが、最近はまた人気を取り戻してきています。

というのも、そろばんは脳トレにもってこいなんです!
右脳を鍛えることで計算力がアップし、子どもの能力を開発することができます。
そろばんは低年齢だから不利ということがなく、実力で評価される世界。
小さくても、がんばれば自分より年上の子にも張り合えるのでやりがいがありますよ。

もちろん算数や数学の勉強にも役立つので、小さい頃から習っておくと有利な習い事です。

こんな記事も読まれています