初めての冬をむかえるママ必見の注意したいこと

4,292 views

赤ちゃんとはじめて迎える冬は、赤ちゃんが寒くないのか?どんな服装をさせれば良いのか心配ですよね。安心してママと赤ちゃんがはじめての冬を迎えられるように事前にしっかり準備しておきましょう!

赤ちゃんは寒さより暑さに弱い?

実は赤ちゃんは寒さよりも暑さに弱いんですね。新陳代謝がとても活発で赤ちゃんは大人の2倍以上も汗をかきます。そして、赤ちゃんの体表面積は大人の3倍とも言われています。低体温にも高体温にもなりやすい体なんですね。ですが、寒さにさらされると赤ちゃんは泣くことで周りに危険を伝えて寒さをしのぐことができますが、暑さにはうつ熱と言って熱を体の中に溜め込んでしまう性質があります。なので、寒さより暑さに弱いのです。なので寒そうだからと厚着をさせすぎるのも熱を溜め込んでしまい、とても危険なのですね。

服装は?

まず、赤ちゃんが暑いのか寒いのか判断する方法は赤ちゃんの背中を触ることです。背中を触ってみて汗ばんでいるようでしたら着せすぎですし、ひんやりしているようであれば寒いので、こまめに確認してあげましょう。冬の赤ちゃんの服装は、生後2ヶ月までは大人と同じ服装を。生後2ヶ月以降は大人より1枚少なめにと覚えておきましょう。以外と暑くて背中が汗ばんでいることが多いので、気をつけてみてあげましょうね。

寝るときは?

寝るときも基本は大人と同じです。なので、肌着とカバーオールだけで十分です。靴下を履いて寝る方もいるかもしれませんが、赤ちゃんは足と手から熱を放出するので寝るときは靴下は必要ありません。また、お布団も大人よりも軽めにかけてあげましょう。手先足先がひんやりとしていても、背中が暖かければ赤ちゃんは寒くはありませんので大丈夫です。お布団を蹴ってしまう赤ちゃんはスリーパーなどを着せて冷えを予防してあげましょう。

室温はどのくらい?

赤ちゃんにとって快適な温度は18~24度です。大人にとっては少し寒いかな?と思うぐらいが赤ちゃんにはちょうど良い温度のようですよ。暖房をつける場合は加湿器をつけたり、濡れたタオルを干すなどさして、乾燥には気をつけましょう!乾燥はインフルエンザや風邪などの菌を繁殖させてしまうので、湿度は50パーセントを目安に加湿しましょう。

まとめ

赤ちゃんは実は暑がりだということがわかりましたね。大人が思っているよりも赤ちゃんにとって快適な温度は低いので、大人が少し肌寒いかなと思うのを目安に考えてあげましょう。寒い冬を赤ちゃんと快適に過ごしてもらえると嬉しいです。

こんな記事も読まれています