さっぱり食べられる!夏バテ対策レシピまとめ☆

1,928 views

毎日暑いので食欲も落ちてしまいがちですが、食べないと余計にバテてしまいます…。

そんな時にオススメの、簡単に作れて夏バテ気味の人でもサッパリ食べられるレシピ、夏バテ対策レシピを紹介します。栄養満点の料理を食べて暑い夏を乗り切りましょう!!



ネバネバサラダうどん

暑い夏でもあっさりさっぱり食べられるサラダうどん☆

材料

・ゆでうどん 1食分
・レタス 1枚
・みょうが 1個
・キュウリ 1/2本
・納豆 1パック
・オクラ 3本
・ミニトマト 3個

タレ
・めんつゆ(2倍濃縮タイプ) 大2
・酢 小1
・ごま油 小1/2
・練りワサビ(チューブ使用) 小さじ1/2
・すりおろしショウガ(チューブ使用) 小さじ1/2
・白ごま 適量

作り方
1うどん麺を茹でて冷水でしめる。
2野菜を食べやすい大きさに切る。オクラは茹でておく。
3タレをボウルに入れてよく混ぜて冷蔵庫で冷やしておく
4うどんの上に切った野菜を盛り付けてタレをかければ完成。

ワサビショウガたれで、さっぱりサラダうどん☆ネバネバ野菜も入れると栄養満点です。

冷たいお茶漬け

ゆず胡椒がきいていて食欲をそそります。食欲がなくてもサラッと食べられる♪

材料
・鶏胸肉 半分
・いりごま
・海苔
・柚子こしょう
・大葉  適量
・鶏ガラスープだし400cc(水+鶏がらスープ大さじ1)

★酒大さじ2
★みりん大さじ1
★薄口しょうゆ 塩少々

作り方
1鶏むね肉は皮をはぎ、薄くそぎ切りにし、軽く片栗粉をまぶしておく
2鍋に鶏ガラスープを入れ、★の調味料を入れて煮立て、鶏肉を加えて火を止める。(余熱で火を通す)あら熱が取れたら冷蔵庫でよく冷やす。
3ご飯を器に入れ、3のスープをかけ、鶏肉、柚子コショウ、ごま、海苔を乗せれば完成。

かぼちゃの冷製スープ

夏にぴったりな冷製スープ。
生クリームの代わりに牛乳を使っています♪

材料

・カボチャ 1/4個
・牛乳 300cc
・玉ねぎ 1/2個
・固形スープの素 1個
・水 200cc
・バター 適量

作り方
1カボチャ全体にラップにかけレンジ(600w)で5分ほどチンする。柔らかくなったら身だけを取って鍋に入れる
2固形スープの素を100ccの水に入れ、レンジに2分ほど入れて溶かす。
3フライパンにバターを入れて、みじん切りにした玉ねぎをキツネ色になるまで炒める。
4 1の鍋に炒めた玉ねぎとスープの素を入れ、水を100ccを入れる。
5カボチャが柔らかくなるまで蓋をして弱火で煮込む。(煮込みながらカボチャをつぶす)
6あら熱が取れたらカボチャに牛乳300ccを加え、ミキサーにかけてなめらかにする。
7塩コショウで味を調えて、冷蔵庫で冷やす。

豚とレタスの冷しゃぶ

梅だれでさっぱり☆疲労回復にも効果アリです。

材料

・しゃぶしゃぶ用豚肉 約170~200g
・レタス 1/2玉
・人参 5cm

タレ
★梅肉 大さじ2(約梅干し大2個分)
★長葱(みじん切り) 20cm
★醤油 大さじ2
★みりん 大さじ1
★ゴマ油 大さじ1
★白ゴマ 大さじ1

作り方

1鍋に湯を沸かす。人参はごく薄くスライス、レタスは手でちぎる。
2※氷水入りのボウルをセットしておく。レタスをひとつかみずつ湯へ入れ約2秒したら、すぐに氷水の中へ入れる。
3次に人参を好みの硬さに茹でる。レタスと人参はザルにあげて水気を切る。
4次に肉を丁寧に茹でて色が変わったら、大皿の上にのせそのまま冷ます。
5皿に野菜を盛り、その上に肉をのせ、最後に★のタレをたっぷりとかけたら完成。

カリカリ鶏のねぎおろし和え

おろしダレでさっぱり☆ごはんがすすむおかずです。

材料

・鶏もも肉 250g
・大根 140g
・ねぎ 1本
・ポン酢 40ml
・醤油 小さじ1
・小麦粉 適量
・塩、胡椒
・七味唐辛子 お好みで

作り方
1ねぎをみじん切りにする。大根はおろして水分を軽く切る。
2ねぎ、大根おろし、ポン酢を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす。
3鶏肉の筋を切って、一口大に切り、醤油を振りかける。
4 10分程置いて、水分をキッチンペーパーなどでふき取り、塩、胡椒して小麦粉をつける。
5フライパンを中火で加熱し、油を引いて、鶏肉を両面キツネ色になるまで焼く。
6 鶏肉に2の大根おろしを和えて、器に盛る。お好みで七味唐辛子をかければ完成。

さっぱりと食べられるレシピを紹介しました。
まだまで暑い日が続きますが、しっかり栄養を取って夏バテ対策をしましょう。

こんな記事も読まれています