あきれるけどおもしろい男児の理解不能行動5選

2,670 views

男の子を育てていると、「なんなのこれは!?」と思うことがけっこう多くておもしろいものですよ。怒りを通り越してあきれちゃうこともあるかもしれません。今回は、あきれるけどおもしろい、男児のありがちな行動について紹介しましょう。

おもちゃ箱に何でも入れる

子供がいると、部屋はすぐ散らかってしまいますよね。とりあえず、お片付けを子供と一緒に頑張りましょう。「ママ、全部片づけたよー」とお部屋はスッキリ。しかし、おもちゃ箱をよく見てみると、おもちゃではないものが入ってることが多々あります。親の携帯電話、食べたお菓子のゴミ、脱いだ靴下などなど。「なんでこんなものが!?これおもちゃじゃないじゃない・・・」とあきれることがきっとあると思います。ついつい笑ってしまうものまで入っているかもしれませんよ。

体操着はたたまない

学校から持ち帰ってきた体操着袋を開けてみると、たいていぐちゃぐちゃのまま入っています。給食当番のときは、エプロンもぐちゃぐちゃでしょう。たたんでほしいのだけど、たたんでくれないのが男の子。、まぁ男の子にとってはきれいにたたむ時間があれば、遊ぶ方を優先するのでしょうね。たたむことって、きっと彼らにとってはあまり重要なことではないのかもしれません。

ソファはトランポリン

男の子は飛び跳ねるのが大好きですよね。家にソファがあるものなら、飛び跳ねてトランポリンにしちゃうでしょう。お友達が遊びに来た時など、一緒になって飛び跳ねられると、ソファが傷むことが心配になってしまいますよね。とにかく体を使って遊びたいのが男の子。体力が有り余っている男の子には、外で遊ぶことをオススメするのがいいかもしれません。

机の上がおもちゃだらけ

机は勉強をするところです。しかし、自分の机を持つことで、いろいろなものを飾りたくなるのもまた事実。大切なものや、自分のコレクションなど、あれもこれも並べて、とてもお勉強ができるような状態ではなくなることも。机の引き出しをあけてみれば、こちらもお勉強に関係ないものばかり、ということもあるかもしれません。机以外に棚などを用意してあげて、そこをおもちゃ置き場にするとか、前もって勉強に関係ないものは置かないなど、約束をしておくのも一つの手ですね。

病気の時だけ静か

女の子は男の子に比べて、おしゃべりができるようになるのも早いですし、一日中しゃべっている、という話も女の子をもつママからよく聞きます。でも、男の子も負けてはいませんよ。彼らの場合は、女の子に比べて、とにかく声が大きいし、戦いごっこなどをしながら、擬音語を大音量で使ったりします。彼らもかなりにぎやかです。
そんな彼らが静かだと、かえって心配になるほどです。「いつもとってもうるさいのに、今日は静かでどうしたんだろう?」と思ったら、具合が悪いのかもしれませんよ。さすがに熱があったり、体調が悪い日だけは静かになります。
「あ、体調が悪くて静かだったのか・・・」と納得する日もあるでしょう。

こんな記事も読まれています