子供の『蚊』対策。デング熱、日本脳炎、とびひに気をつけて!

2,912 views

デング熱、日本脳炎など蚊を媒介してかかってしまう病気がありますよね。

特に子供は蚊にさされやすくこわいですよね。

子供の虫さされ対策を考えてみました。



虫よけ

スプレー、ぬるタイプ、洋服に貼りつけるシールなど色々あります。
子供に合うものも選んで使いたいですね。
子供にやさしいハーブやアロマ由来の物や、アルコールを使っていない物なんかもあります。
肌が弱いお子さんには良いですよね。
他にも服やベビーカーにスプレーする物や手首や足首に巻いて使用するリングタイプの物なんかもあります。
またスプレーとシールなど違った物を併用するともっと効果的ですよ。
そしてどうしても汗で落ちてしまうのでこまめに塗り直すことも大切です。
また日焼け止めと一緒に塗ることもあると思いますが、まず日焼け止めを塗ってから虫よけを塗るのが正しい順番です。
間違えないようにしましょう。

長袖長ズボン

普段の生活なら涼しい服装に虫よけで良いと思います。
しかし山の中や森の中、虫取りをするなんていうときには長袖長ズボンが安心ですよ。
しかし、薄い服装だと服の上からでも刺してきますよね。
洋服の上に虫よけスプレーを塗っておくのもいいですね。

汗をこまめふきとる

どうしても蚊は汗の匂いによってきます。
なのでこまめに汗をふきとることも大切です。
特に子供は汗っかきなので蚊もよって来てしまいます。
汗をふきとったら、虫よけを塗っておきましょう。

もし蚊にさされてしまったら

まずは冷水で流しましょう。
そしてその後に虫さされの薬を塗り、冷やすといいですよ。
冷やすとかゆさがやわらぐので子供がかくのをおさえることもできます。
しかしあまりにも腫れてしまったり、かきすぎてそこから細菌が入りとびひになってしまった時には病院へ行きましょう。
とびひは早めに行かないと全身に広がりますし、兄弟やお友達にもうつしてしまいますよ。
小さい子ほど体が蚊に刺されることに慣れていないのでびっくりする位腫れてしまうこともあるんですよ。

蚊以外にも

ハチ、ブヨ、ムカデ、毛虫などにも気をつけましょう。
なかなか子供の場合はさされたことに気がつかずに家に帰って見てみると腫れていたということや、子供が痛いと言っていてなぜか腫れているなんてこともあると思います。
おかしいと思ったら病院へ行きましょう。

こんな記事も読まれています



シェア