メーカー別抱っこひも一覧。抱っこ紐を選ぶための基準は?

4,736 views

抱っこ紐を買うとき、何を基準に選びますか?

種類やメーカーもたくさんあって、悩みますよね。

デザインで選ぶか、軽量重視で選ぶか、価格で選ぶか。

メーカー別に5タイプ調べてみました。



アップリカ

コランハグ

4WAYと、別売りの「専用新生児シート」を装着して、プラス1WAYの、5WAYまで使えます。
新生児シートは横に寝かせた状態での抱っこが可能です。
1.縦抱っこ
2.前向き抱っこ
3.腰抱っこ(横抱っこ)
4.おんぶ
コランハグは3タイプあり、上品なデザインの「リュクス」18,000円、コットン素材の「ナチュレ」16,000円、定番カラーの「オリジナル」14,000円があり、期間限定でメッシュ素材が出ます。
「専用新生児シート」は4,000円です。
それぞれ使える年齢は同じで、デザインの違いです。

とても軽い素材で出来ているので、丸めてコンパクトにたたむ事が出来ます。

http://www.aprica.jp/products/sling/waist_belt/39431_2/

ベビービョルン

ベビーキャリア

4種類あり、4種で使い分けしています。
ベビービョルンは、産後すぐに使えて、別売りのキットもなしで使えます。

1.ベビーキャリアONE 20,000円
新生児縦抱っこ・腰抱っこ前向き・腰抱っこ向かい合わせ・おんぶの4WAYです。

2.ベビーキャリアWE 12,800円
  新生児抱っこ・腰抱っこ向かい合わせ・おんぶの3WAYです。

3.ベビーキャリアミラクル 14,800円
  新生児抱っこ・腰抱っこ向かい合わせ・腰抱っこ前向きの3WAYです。

4.ベビーキャリアオリジナル 6,800円
  新生児抱っこ・前向き抱っこの2WAYです。

それぞれ種類別に専用アクセサリーが別売りで販売されています。

http://www.babybjorn.jp/baby-carriers/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=promotion

エルゴベビー

ベビーキャリア

7種類あり、ほとんどが3WAYで、産後すぐ使うには、別売りのキットを装着すれば利用できます。
エルゴベビーは、皆さんよく見かけたり聞いたりしているのではないでしょうか。

1.360スリーシックスティ 25,380円
  前向き抱っこ・向かい合わせ・腰抱き・おんぶの4WAYです。
  名前の通り、360度での自然な抱っこに最適です。

2.オリジナル 17,280円~
  向かい合わせ・腰抱き・おんぶの3WAYです。
  18デザインから選べます。

3.オーガニック 19,980円~
  オリジナル以後、すべて3WAYなので省略させていただきます。
  オーガニックコットンを使用しています。
  6デザインから選べます。
  
4.デザイナー 19,987円~
  ブランドとのコラボレーションデザインです。
  5デザインから選べます。

5.パフォーマンス 19.980円
  軽くて丈夫で、通気性にも優れています。
  
6.パフォーマンスヴェントス 19,980円
  軽く、乾きやすいメッシュ素材です。

7.トラベル 10,260円
  ポリエステル素材で出来ているので、旅行やアウトドアなどに最適です。

全商品、別売りのインサートを装着(4,104円)すれば、新生児でも縦抱きに出来ます。

http://www.ergobaby.jp/

日本EIGHTEX

サンクマニエル ジェム 7,400円

腰ベルトがないので、肩紐のみの抱っこ紐です。
寝かせ抱き、しっかり抱き、前向き抱き、向かい合わせ、おんぶの5WAYです。
5色のデザインから選べます。
280gと軽量なので、とてもコンパクトです。

http://www.eightex.co.jp/?post_type=carry&p=1242

boba

bobaキャリア4Gプラス 16,000円

新生児抱っこ・対面抱っこ・おんぶの3WAYです。
付属の新生児インサートを使うと、産後すぐに使えます。

他の抱っこ紐は15キロまでですが、こちらは20キロまで使えます。

いかがでしたでしょうか。
何が自分に合っているのか、しっかり見比べたり、お店で試着したりして選んでみてくださいね。

http://bobafamily.jp/product/boba-carrier/spec.html

こんな記事も読まれています



シェア