結婚式場見学の前にしておきたい5つのこと

2,817 views

プロポーズされてウキウキ。

憧れの結婚式に向けて、早く式場を見に行きたい!

でも、ちょっと待ってください。

式場見学に行く前にしておいたほうがいいことがあるんです。

今回は式場見学を有意義なものにするための5つのポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。



予算を決める

結婚式をしたら貯金がゼロになってしまった・・・。
それでは新婚生活早々、困ってしまいますよね。
まずは結婚式に使っても大丈夫な予算を決めましょう。
予算を決めるときに大事なことは、無理をしないことです。
どちらかといえば少な目に見積もっておくと安心でしょう。
結婚式にかかる費用以外に、婚約指輪や結納、両家顔合わせの食事会、結婚指輪、新婚旅行、新婚生活の引っ越し費用、遠方からのゲストへのお車代などを合わせて考えましょう。
ご祝儀をあてにして高めの予算設定をしてしまうと、思わぬ誤算が出てしまうことがありますからご祝儀は予算を決めるときには考えないほうが良いでしょう。

エリアを決める

結婚式をどこで挙げるのか、二人だけで相談するのではなく、お互いの両親の意見も十分に聞いて決定しましょう。
特に遠距離カップルの場合はどちらに近い場所を選ぶのかなど、思っている以上に悩ましい問題ですから、しっかり相談して決めておきましょう。
自分達だけで決めてしまうと結婚早々に家族で揉めてしまうことにもなりかねませんから、最初が肝心です。

式場スタイルを知る

結婚式が行える会場はとても多く存在します。
その中から自分達の希望に合った会場を選択することは、かなり大変な作業です。
何も考えずに見学に行こうとすると、どれだけ時間があっても足りません。
まずは、式場のスタイルを知り、自分達の希望はどんな雰囲気の式場なのか事前に話し合いましょう。
専門式場、ゲストハウス、ホテル、レストランなどさまざまですし、チャペル挙式なのか神前式なのかでも大きく変わってきます。
また両親にも希望があるかもしれませんので、早い段階で意向を確認しておくとその後がスムーズですよ。

優先順位付け

結婚式は一生に一度ですから、お互いに憧れや夢があることでしょう。
二人のやりたいことが完全に一致していれば何も問題はないですが、なかなかそのようなことはありません。
そこで大切なことが、お互いに譲れないポイントに優先順位をつけることです。
最終的には予算との兼ね合いもありますし、片一方を叶えると自ずともう一方が叶わなくなることもあります。
どうしようもないときに優先順位の高いものから叶えていくように決めておくと、お互いの思いを尊重しやすくなります。
そして二人の優先順位の高いものを叶えられる式場を見つけることが大事ですから、あらかじめどんなところに重点を置くのか決めておきましょう。

やってみたい演出をピックアップ

会場によって、できる演出とできない演出がありますので、会場見学に行く前にどうしてもやりたい演出や、こんなことがやってみたいと思う演出をいろいろ考えていってください。
見学の際、プランナーに演出ができるのかどうか確認しておけば安心です。
会場見学の段階であれば契約前ですから、いろいろサービスしてもらえたり、オプションを付けてもらえたり、お得になることもありますので、ぜひ先に考えていくことをおすすめします。

こんな記事も読まれています