生活習慣改善による子供の便秘対策方法

2,109 views

子供がお腹を痛がる。 病院へ行ったら便秘だった。そんな経験をしたことのあるママも多いと思います。 親からしたら出なくてお腹を痛がっている子供を見ているのは辛いですよね。 子供の便秘対策を考えてみました。



食後にトイレへ

食事をとると腸が刺激され、排便を促す効果があります。
ご飯を食べた後にトイレに座るようにしましょう。
最初は『出ない!』と言うかもしれませんが案外出たりします。
ゆったりとトイレに行けるように朝の場合は少し早起きして早めに朝食をとるといいですよ。
毎日やっていると習慣になります。

運動

便秘の解消には運動も大切です。
その理由はまず便を出すのに腸だけではなく腹筋も使うからです。
なので腹筋の力をつけることも大切です。
その他にも腸の動きは自律神経がきちんと働いていないとうまく動いてくれません。
自律神経を整えるためにも運動は大切です。
散歩からでいいので運動するようにしましょう。

水分

水分が足りないと便秘になりますね。
子供は遊びに夢中だと水分を全然とらないこともよくあります。
そういう時はこまめに水分をとるように声掛けをするようにしましょう。
また一気飲みをしてもそのまま尿として出て行ってしまうだけなので少しずつをこまめにというのが大切です。
そしてカフェインが多い飲み物は利尿効果によりどんどん尿として排出されてしまうのでカフェインが少なかったり入っていない飲み物を選ぶといいですよ。
朝一番でお水を飲むと腸も動き出し朝食後に排便しやすくなるのでおすすめです。

食事

便秘対策と言えば食事が大切ですよね。
食物繊維が多くふくまれている食べ物を食べたり、腸内環境を整える食べ物を食べたりするといいですよ。
しかし子供は食物繊維の多い野菜などをあまり好まなかったりもしますよね。
なかなか野菜を食べてくれない場合などはフルーツなどで補うという手もありますよ。
ヨーグルトの中にフルーツを入れてデザートに出すと子供は喜びます。

病院

ほんとうにどうにもならない時は病院です。
大人は便秘くらいと思うかもしれませんが子供によっては泣き叫ぶくらいお腹が痛くなったりもします。
そして便秘の状態が長く続くと余計に出しにくくなり苦しくなります。
何日くらい出ないと苦しいかは子供にもよるので親がきちんと状態を見て判断したいですね。
そして病院に頼るだけではなく日ごろからの生活改善をして便秘にならないようにしたいです。

こんな記事も読まれています



シェア