紫外線対策はママだけではなく子供もやろう☆

1,995 views

これからどんどん夏に向けて日差しが強くなりますね。

ママは日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、紫外線対策ばっちり、でも子供は?

子供は紫外線なんて気にしないで日焼けしながら遊ぶのが元気で良いんじゃ?

実際どうなんでしょうか。

子供の紫外線対策について考えてみました。



必要?

子供の紫外線対策って必要なのか気になりますよね。
子供の頃は細胞が活発に分裂しているので紫外線によるDNA損傷を受けやすいと考えられているんですよ。
単なる日焼け予防のためだけではなく、将来のシミ、シワや皮膚がんの予防のためにも紫外線対策は重要ですよ。

具体的には

まず外出する時間帯を工夫してみましょう。
紫外線の強さは4月から9月、1日のうちでは午前10時から午後2時に増すので、この時間帯の活動はなるべく避けましょう。
そして外に出るときは日なたに比べて紫外線量が減る日陰を歩くようにしましょう。
外出時はつばの広い帽子、袖のある服でなるべく皮膚を覆うようにすると良いですよ。

日焼け止めの選び方

今は子供用の日焼け止めも多いですよね。
選び方としては子供の肌は未熟なので肌に良さそうなものを選びましょう。
またSPFやPAの数値ですが日常生活ならSPF5でPA+。
軽い野外活動ならSPF10でPA++。
晴天下でのスポーツなどはSPF20でPA++くらいあるといいですよ。
また水場なら耐水性やウォータープルーフのものがオススメですよ。
子供用の日焼け止めは石鹸で落とすことができるタイプの商品も多いです。

日焼け止めの使い方

まず指を使いまんべんなく塗るようにしましょう。
耳やうなじ、足の甲などは塗り忘れてしまうことが多いので忘れないように塗りましょう。
そして普通に塗った場合は想定される量の半分しか塗っていない場合がほとんどなので2度塗りをするといいですよ。
そして汗などにより日焼け止めが落ちてしまうので数時間おきに塗り直しをしましょう。

最後に

子供の紫外線対策もきちんとやった方がいいんですね。
昔は赤ちゃんに日光浴をさせると良いというのがあったらしいのですが今はそういう事は言わなくなったそうです。
ですがあまり神経質になりすぎると外で元気に遊ぶことや散歩も出来なくなってしまいますね。
きちんと紫外線対策をして外でも元気に遊ぶようにしたいですよね。
紫外線対策の帽子をかぶることや、紫外線量の多い時間帯を避けたり、日陰を選ぶなんていうのは熱中症の予防にも良いので実行するようにしたいですね。

こんな記事も読まれています