幼稚園選びに大切な5つのポイント

1,542 views

3~4歳になると、幼稚園に通いだし始めての集団生活を送るお子さんも多いと思います。最近の主流としては、入園前の1年間で入園候補の幼稚園のプレ保育などに通い、最終的に入園する園を決定するようです。たくさんある幼稚園の中から、わが子に合った園を見つけるには、具体的はどんな事を考慮するべきなのでしょう。



通園の距離と手段

わが子が毎日通う幼稚園。あまり遠過ぎるのは、子どもはもちろん、何かと園に行く機会が多い保護者の方にも負担になってしまいます。また、通園手段も大きな違いがあります。送迎バスで自宅近くまで送り迎えしてもらえるのか、毎日保護者が送り迎えをする必要があるのか、とても大きな違いなのでしっかり確認しておきましょう。

金銭面

幼稚園には、入園金やお月謝の他にも教材費など様々な費用がかかります。公立の園は比較的大きな差はないようですが、私立の園は各園によって様々な特色があるように、出費の差も大きいようです。入園から卒園までにかかるトータル費用をある程度リサーチして、家庭の経済状況に見合う園を見つけられるといいでしょう。

園の特色と評判

たくさんある幼稚園、各園の持つ特色や教育理念も様々です。読み書きに力をいれている、何より体を動かすことを大切にしている、自然とのふれあいの中での成長を目指しているなどなど、園の個性をよく把握して、わが子に合う幼稚園を見つけたいものです。また、幼稚園の環境設備からみた特徴や、手作りお弁当なのか給食なのか、行事等での保護者の役割や出番がどれくらいあるのか、実際に自分の目で確かめるのはもちろん、在園児・卒園児の保護者に話を聞いたり、近所の方に話を聞くのも効果的です。

先生たちを知る

大切なわが子を毎日預ける幼稚園の先生方。もちろん信頼関係を築いていくことがとても重要ですが、そのためにはある程度先生方のことを知っておく必要があります。雰囲気、子ども達への接し方、保護者との関わり方、年齢層や、入れ替わりの頻度などの情報を、プレ保育やママ友から聞いて、園を選ぶ際のひとつのポイントにしましょう。

プレ幼稚園に参加する

なんと言っても、まずは気になる幼稚園のプレ保育や幼稚園行事に参加して、園全体の雰囲気をよく知ることが大切です。園の建物や施設もそうですが、実際に通園している園児たちと先生方の雰囲気もよくわかります。先生方や保護者の方に、直接質問や相談ができるのも重要なポイントです。また、プレ保育などで実際にお子さんが楽しく参加できているかなど、最終的にはお子さんの気持ちもよく考慮してより良い幼稚園選びをしましょう。

こんな記事も読まれています



シェア