人気のベールデザイン5選。王道だけじゃない!

7,244 views
ジュリエットベール

花嫁の頭を覆う淡い純白のベールもまた女性の憧れの一つですよね。

だからこそウェディングにおいてドレスだけでなくベール選びもまた重要なポイント。

ドレスのデザインに合ったものを選ぶのはもちろんですが挙式スタイルによってはベールも向き不向きがあります。

今回は意外とたくさんあるベールデザインの中から王道ベール以外のおススメデザインを5つご紹介します。

自分の好みと挙式スタイルに合ったものを見つけてみてください。



マリアベール

聖母マリアの名前を関した「マリアベール」は今や正統派のロングベールと肩を並べる女性の憧れデザインですよね。
豪奢なレースデザインが顔を縁取るので花嫁さんをより華やかに気品高く演出してくれるベールです。
凝ったデザインのベールが多いのでシンプルなドレスとの相性が◎
厳粛な雰囲気での挙式ならたっぷりとしたトレーンのロングベール、少し小さめのカジュアルチャペルやレストランウェディングなどの場合は丈の短いものを選ぶのがおススメです。

ドットベール

個性的なデザインでより目をひくドットベールです。
細かいドットのデザインはベールダウンしているときの花嫁の表情をコケティッシュに魅せてくれますよ。
すっきりとしたミニマムなドレスとミディアム丈のベールを合わせてスタイリッシュにまとめるのが◎。
ガーリーなドレスと合わせるのならばショート丈のベールででチャーミングにまとめてみるのも素敵です。
ロング丈のタイプが少ないデザインのベールなので正式な教会式には向きませんが、カジュアルなチャペルやガーデンウェディングなどにおススメです。

ジュリエットベール(ジュリエットキャップ)

「ロミオとジュリエット」のジュリエットが着けたことからその名を由来するジュリエットベール(ジュリエットキャップ)です。
正におとぎ話のお姫様気分に浸れるデザインですよね。
頭の後ろ半分を帽子の様に覆うデザインはちょっと斬新な印象を与えるのにも一役買ってくれます。
マーメイドラインやエンパイアラインなど細身のシルエットのドレスと好相性でクラシカルな雰囲気のチャペルやアンティークな雰囲気のチャペルにぴったり。
カジュアルウェディングなら凝ったデザインレースを使ったミディアム丈やショート丈でのベールアレンジもおしゃれです。
またジュリエットベールは他のタイプのベールやお好みのレースを使いアクセサリーなどで着け方を工夫するだけで手作りすることができちゃいます。

カッパベール

カッパベールはボリュームのあるベール生地を手首に通して身に着ける日本ではあまりなじみのないユニークなタイプのデザインです。
肩から手首にかけてをふんわりと包み込むので花嫁さんを優しく優雅に演出してくれます。
ボリューム感が特徴的なベールなのでドレスはボリューム控えめのすっきりとしたシルエットを選ぶのがおススメ。
カジュアルな雰囲気での挙式には向きませんが厳かな教会式ならばより高貴に神秘的に演出してくれます。

バードゲージベール(鳥かごベール)

顔を包み込むようなデザインが特徴的なベリーショートのバードゲージベール(鳥かごベール)です。
個性的な印象のベールですが、女性としての魅力を強く引き立たせてくれるアイテム。
プリンセスラインやAラインのエレガントなドレスとの相性が抜群です。
ちょっとレトロなデザインのドレスと合わせるのもおしゃれ。
全体的にカジュアルな印象になるのでパーティースタイルの挙式や披露宴におススメです。

いかがでしたか?
王道ベール以外にもこんなにたくさんの魅力的なデザインベールがあるんです。
花嫁さんの個性と挙式スタイルに合ったベールでより満足度の高いウェディングにしちゃいましょう。

こんな記事も読まれています