HEADPORTER(ヘッドポーター)のママ向けアイテム5選

4,046 views

子育てをしていると、カジュアルなスタイルが多くなります。

そんな時に使えるのが、HEADPORTER(ヘッドポーター)のアイテムです。
ちょっとクセのあるスタイルは、シンプルカジュアルやプチプラなファストファッションに合わせることでぐっと垢抜けます。

小物一点豪華主義で、ヘッドポーターのちょっと高級なアイテムをプラスして、かっこいいカジュアルコーデスタイルを完成させてみませんか?



STELLAR DAYPACK

夜空の星をイメージしたシリーズのSTELLARのラインのDAYPACKは、大きなゴールドの星がとてもかわいいデザインのリュックサックです。
丸みをおびたラウンドシルエットで、女性が背負ってもそこまで大きくありません。

マチつきのポケットが大きいので、お財布もカードケースもなんでも入れられます。
つやけしのマット素材なので、どんなコーデに合わせてもかっこよく見えるのは、さすがヘッドポーターだからこそ。

ママにとって、歩きはじめた子供と一緒におでかけをするとなると、軽くて両手があくリュックサックは大活躍な存在。
どんなコーデに合わせても、お気に入りのリュックなら、毎日活躍してくれそうです。

DOT DAYPACK

こちらもDAYPACKですが、ドットの模様になっているので無地のようなリュックとして使えるのが特徴で、毎日のコーデに溶け込みます。
柄ものと合わせてもすっきり着こなせて、外ポケットのPORTERのロゴもさりげないです。

デザインはSTELLAR同様、ラウンドシルエット。女性が持っても、男性が持っても、すっきりと持つことができそうです。
ショルダーストラップが調整できるので男女兼用にしてもOKです。

メイン収納の大きいポケットに内側に小さいポケットがついていて、鍵や貴重品などを収納するにも便利です。
ママバッグとして持つにもリュックは両手があいて便利。公園に行く時にも活躍してくれそうです。

LESSON SHOPPING BAG

LESSONシリーズのSHOPPING BAGは、他の人から褒められそうなデザイン。伝統的なチェック柄で、ママバッグとして持つほか、子供が大きくなったらおけいこバッグにも活躍しそうです。

子供が大きくなってくると、子供にリュックを背負わせて、ママバッグを小さめのバッグに移行する人も多いです。これも、荷物が少なくなってきたママ向けのデザインです。

色もオレンジ、グリーン、ブルーがあるので、好きなチェック模様を選んでみるのが正解!

内側には、携帯電話やカード類、鍵が入れられるポケットがひとつついています。
スナップボタンで口を止めることもできます。
B5サイズが入るくらいのコンパクトさで、おむつやおしりふき、母子手帳くらいなら入りそうなので、ちょっとそこまでのママバッグとして使うこともできます。

JUNGLE GROOMING POUCH

ママバッグの中に入れて置いて、便利だと感じるのは、ポーチです。

例えば、おやつ入れにしておいて、飴やラムネなどを入れておいたり、ママ用のリップスティックや日焼け止めを入れておくにも便利です。
子供の手を拭く小さいウェットティッシュや、外で使える紙の石鹸、子供用のミニカーなどのおもちゃを収納するにも、このくらいのマチつきのポーチがあるとママバッグの中がごちゃごちゃしません。

スクエア型でマチが広めのGROOMING POUCHは、流行の迷彩柄がとてもおしゃれです。
本体は、実は2層式で、メイン収納は上側から口を開くことができて、サブ収納はぐるっとファスナーが開けられるようになっています。
2層式になっているので、ママのもの、子供のものと分けてしまえるのもいいですね。ブルーベースもあり、どちらもおしゃれです。

Noir SHOULDER BAG L

ふかふかの質感のショルダーバッグのようなメインバッグこそ、品質のいいヘッドポーターの製品を選びたいところ。とても軽いので、毎日使ってもストレスを感じにくく、活躍してくれます。ショルダー部分も広めのベルトで肩も凝りにくいです。子育て中は、洋服はプチプラでもいいですが、バッグはちょっと高級なものを買うと、重い荷物を入れたとしても軽くて機能的に過ごすことができます。

SHOULDER BAG Lは2層式になっていて、フルオープン部分と、マチがついたメイン収納、そして、ノートやメモなどが入れられそうな外側のファスナーもあり、収納量も多く、考えられています。

1泊2日のような短期間の旅行にも使えそうで、見た目よりもしっかり収納量があり、中にしまったものも取り出しやすいデザインです。

こんな記事も読まれています