離乳食に役立つ食材5選♡これさえあれば調味料いらず!

8,287 views

赤ちゃんが初めて口にする離乳食。
素材本来の味を知って欲しいから、なるべくなら調味料を使わずに作りたい!
そう思っているママも多いのではないでしょうか。
筆者もそのひとりでした。
調味料なしでも美味しい離乳食は作れますよ!
筆者オススメの便利食材を5つ紹介します。



バナナ

赤ちゃんからの人気が高いバナナ。
そのままあげても美味しいけれど、ほうれん草などの青菜と混ぜたり、おかゆと混ぜてもオッケー。
シンプルにヨーグルトと和えても美味しいし、パン粥にのせてもとても美味しいです。
苦手な食材に甘みととろみを加えたいときにぜひ活用してみて欲しいです。
離乳食初期から使うことができます。

トマト

栄養価もとっても高いトマト。
トマト煮やスープなど幅広く使える食材です。

皮と種を取ってから使うのでちょっと手間はかかるけど、甘みや旨みをプラスできるのでぜひ活用してほしいです。
加熱するとさらに甘みが出てきて美味しいですよ。
離乳食初期から使うことができます。

トマトジュース

トマトの下処理は大変ですが、トマトジュースなら楽ちん!
液体になっているのでトマトリゾットやパスタなどに使うことができます。
ただ、開封後はすぐに使いきらなくてはならないので筆者はフリージングトレーに小分けにして冷凍して使っていました。
必ず無塩なおかつ無添加のものを選んでくださいね!
離乳食中期から使うことができます。

ヨーグルト

無糖のものなら離乳食初期から使うことができます。
そのまま果物と和えて食べても美味しいですが、酸味をうまく使ってポテトサラダなどの味付けにも使えます。
筆者のオススメはじゃがいも人参、鳥ササミをヨーグルトと和えたもの。
我が子は毎回残さずにパクパク食べてくれていました。
酸味が強すぎて食べられない子にはキッチンペーパーで挟んで水切りをしてから和えてあげると少し食べやすくなりますよ。
アレルギーが出ることもある食材なので少量にしてくださいね。

チーズ

トマトを使った離乳食との相性がとても良いです。
苦手な赤ちゃんが多いほうれん草と和えても美味しいし、リゾットに使っても美味しいです。
お魚の上に乗せても◎!
塩分とカロリーが高いので少量しか使うことができませんが、簡単に旨味をプラスできるのでとても便利です。
離乳食中期から使うことができます。
アレルギーが出る場合もあるので少量から使ってくださいね。

***

いかがでしたか?
赤ちゃんが離乳食を食べてくれない!離乳食メニューがマンネリ化している!と悩んでいるママもぜひ便利食材を活用してみてくださいね。
メニューの幅がとても広がり、ママ自身も楽しくなってくると思いますよ。

少しでも皆様のお役に立てたら嬉しいです。

こんな記事も読まれています