西表島へ子供と家族旅行する時に訪れるべきスポット5選!

1,400 views

石垣島から船で30~40分。沖縄県内で沖縄本島につぐ大きさを持つ『西表島』は、その9割以上を亜熱帯の原生林が占めています。

周辺にはダイビングスポットもあり美しいビーチもありますが、西表島ではジャングル探検を楽しんでみてはいかがでしょうか?

原生林は水と緑が豊かな自然を生み、「イリオモテヤマネコ」などの希少な動植物を育んでいます。

仲間川や浦内川では、ワイルドな自然を味わうクルーズが行われています。

海だけじゃない沖縄の魅力を西表島であじわってみては?



仲間川 カヌーツアー

マングローブの湿地帯にカヌーで漕ぎ出すふしぎ発見の『カヌーツアー』
仲間川周辺には、天然保護区域に指定されているマングローブの湿地帯があります。
その面積はおよそ300ha。
ここでは、ミナミトビハゼやキバウミニナという大きな巻貝などのほか、珍しい数種類のカニを観察できます。
小さなミナミメツキガニは軍隊ガニとも呼ばれ、集団で行動し とてもかわいらしい姿を見ることができます。
日差しが強いので日焼け止めと帽子は忘れずに。
カヌーに乗っていると必ず濡れてしまうので着替えは必須です。

サンガラの滝 カヌー&トレキング

船浦湾に流れ込む支流のひとつ西田川の上流に『サンガラの滝』があります。
ここは西表島で唯一 滝の裏側を歩けたり、滝の平坦な上部でお昼寝ができるなど童心にかえれる遊びがいっぱいです。
カヌー乗り場からも それほど距離が離れていないので安心です。
マングローブに囲まれた川をカヌーでのんびり30分間、ジャングルトレッキングを30分間で到着。
亜熱帯特有の動植物との出会いを楽しみながらあっという間に到着するエコツアーです。

ピナイサーラの滝

まずカヌーで約1時間、鬱蒼としたジャングルを眺めながら川を上っていきます。
カヌーを降りゆっくりとジャングルを進むと、そこはまるで人間の進入を拒んでいるかのように巨大な木々が。
道なき道を進んでいき約40分で『ピナイサーラの滝』へ到着です。
滝の上では、マングローブの森・川・海・空を独り占めできる絶景が。
滝壺へは急勾配の道を下り約1時間で到着。
沖縄一の落差55Mのピナイサーラの滝は迫力満点です。
滝壺で泳ぎたいときは、タオルと事前着用した水着が必要です。

マリュドゥ カンピレーの滝

沖縄県内で最長の浦内川を観光ボート乗り場から遊覧船に乗り、軍艦岩まで約30分。
その航路では八重山で最大規模のマングローブ林を抜けていきます。
船を降りて少し歩くと、遠くに滝を望むことができます。
約40分でマリュドゥの滝に到着。
そこから200M歩けば巨大な岩盤に流れるカンピレーの滝に到着です。
滝までのトレッキングコースは自然のままの道を歩くので、歩きやすい靴やトレッキングシューズの着用がおすすめです。

ナーラの滝ツアー

船浮湾に注ぐ仲良川の上流に、地元で幻の滝と呼ばれている『ナーラの滝』があります。
陸路が完全に閉ざされているこの場所は、訪れる観光客も少ない島屈指の秘境です。
ツアーはカヤックでマングローブが広がる仲良し川をさかのぼり、亜熱帯ムードのジャングルを片道約2時間のトレッキングと少しハードな道のりですが苦労の末たどり付く滝は迫力満点。
西表島の大自然の素晴らしさを水陸両方味わえるツアーになっています。

こんな記事も読まれています