スタイル別の結婚式場メリット・デメリットまとめ

2,171 views

予算や招待する規模、また友人や親せきが遠方かそうでないかで色々と悩んでしまう式場選び。たくさんの見学会が催されてる現在。どこを見るべきか、どの式場が自分たちに会っているのか?それぞれの夫婦のスタイルにあったウェディングをして一生の思い出に悔いがないようにしましょう!

ホテルウェディング

宿泊施設・レストランが完備されているため、遠方の両親や親せき、友人がゆっくり準備をすることができます。自分たちも前のりしておけばより安心です。アクセスが良く、知名度もあり、ホテルサービスという一定の安心があれば、年配の方をご招待しても恥ずかしくありません。ただ流れが決まっている場合があるので演出に融通が利かない場合があります。

専門式場ウェディング

神殿やチャペルなど自分の思う雰囲気での挙式が叶います。また、専門式場なのでウェディングの知識や景観が豊富なスタッフが大勢います。オリジナルの演出などのも融通を聞かせてくれます。他のお店に隣接しているところも多く2次会の会場も紹介してもらえますが、知名度がなく、高級感に年配の方はついていけないことも。宿泊施設がなく、1日に挙式・宴会を行う組数が決まっているので入れ替えがある場合はゆっくりできないことも。

レストランウェディング

レストランというくらいなので、やっぱり1番の魅力はレベルの高い料理!控室やトイレ、音響、照明の設備などがないところもあります。アクセスもいい場所とは限らず「料理や雰囲気が好き!」という明確な理由を提示して理解を得るのが無難です。専門的知識のあるスタッフが常駐しているわけではないので、演出の準備などは全て自分たちで行わなければなりませんが自由がききます。1日の組数が少ないので貸切にできるため、時間にとらわれない落ち着いた時間を過ごせます。

海外ウェディング

日本の風景とは違う透き通った海辺など、非日常的な気持ちを味わうことができます!また少人数での参加の場合は、挙式のみという費用の少ない内容が可能です。そのまま滞在して新婚旅行にはいるので体の負担は軽くてすみます。また「海外」という名目を利用すれば招待するかどうか悩んでいる人をすぐに除外できます。ただ、会場の下見や確認が難しく、ドレスや花などの準備も面倒な部分があります。また年配の方の移動などには不向きです。

カジュアルウェディング

挙式は別日に行い「報告会」として招待客に負担をかけないで、格安で抑えたいという人にはオススメ。会場は2次会などを行える施設。ドレスやブーケなどは自分たちで準備しなくてはりませんし、司会進行も自分たちで決めなくてはいけません。料理も立食パーティーに近いレベル。会場によってはケーキやシャンパンタワー、ビンゴなどのオプションが付いてくる場合もあります。招待状もしっかりしたものでなくメールのやりとり程度でOK。招待客のドレスコードも自分たちで決めることが出来ます。ただ、専門的なスタッフではないので打ち合わせやレスポンスが遅く安定したサービスが期待できないことも。

こんな記事も読まれています



シェア