子供に読み聞かせ&プレゼントしたいおすすめ絵本ベスト5

2,741 views

絵本の読み聞かせは、とても情操を豊かにするものです。退屈している時や就寝前、時間がある時に積極的に取り入れていきたいですね。

読み聞かせを続けることで、親子の絆が深まり、また文字の理解・読み書きもできるように!

特に3歳までの読み聞かせは、とても意味があると言われています。

できるだけ毎日。時間をかけて続けるのが良いです。こどもが生まれたら、すぐにでもはじめたいですね!

ここでは、ぜひ親子で読みたい絵本をご紹介します。



ちいさなあなたへ/アリスン・マギー作

主婦の友社「ちいさなあなたへ」は、アメリカで発売され、ベストセラーになりました。日本語版は絵本作家としても多くの作品を手がけている、なかがわちひろさんが翻訳しています。
「あの日、私はあなたの小さな指を数え、その一本一本にキスをした」生まれた日からこどもが成長していく姿を温かく見守っていく、親の思いがぎゅっと詰まった一冊です。
いつか親になる時にお子さんへ手渡したくなる絵本です。

http://amzn.to/1KdjObO

くっついた/三浦太郎

くっついた/三浦太郎(こぐま社)です。「○○と○○が…」「くっついた」
動物が2匹現れて、くっつきます。繰り返しのリズムが楽しく、お母さんとお子さんもくっついてスキンシップをはかってみてはいかがでしょうか!?
わかりやすい内容で、小さいお子さんでも喜べる内容かと思います。
三浦太郎さんの「バスがきました」や「なーらんだ」も楽しいです。

http://amzn.to/1a6Ux3g

こんにちはおてがみです/福音館書店

「ぐりとぐら」「ばばばあちゃん」「あさえとちいさいいもうと」「やっぱりおおかみ」など色々な絵本の主人公から10枚の手紙が届いています!
手紙は1通ずつ封筒に入っていて、手書きだったり、絵が描いてあったりするので、何度でも読み返したくなります。お子さんも絵や字を書いて、誰かに渡す楽しみを感じてくれることと思います。
続編「こんにちはまたまたおてがみです」もあります!

http://amzn.to/1QSzLFl

手ぶくろを買いに/新美南吉

「手ぶくろを買いに」(偕成社)ですが、小学校の教科書に掲載されることもある程の名作で、ご存知の方は多いかもしれません。
題名通り、手ぶくろを買いに出かける親子ですが、途中で親狐がある出来事を思い出し、前へ進めなくなります。子狐が1人で行くことになるのですが…。
親子なら誰しも経験する我が子の成長。重ね合わせながら読むことで、感動もひとしおです。

http://amzn.to/1QSzMsM

いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。/326

326ことナカムラミツルさんの作品です。
かわいいイラストとともに「うん!そうそう!欲しかったのは、この言葉!」と思わず頷きたくなるような一言が添えられています。お子さんと、またお父さんも一緒に読まれると家族の絆がより一層深まるのではと思います。
同じく326さんの著書で「がんばってるの、しってるよ。」や「パパとママをえらんで、ボクはうまれてきたんだよ。」「あかちゃんからのラブレター」も感動します!
妊婦さんへのプレゼントにもオススメです!

http://amzn.to/1QSzTEP

こんな記事も読まれています