赤ちゃんの肌を乾燥から守る5つの方法。実は大人より乾燥しやすい!

2,560 views

赤ちゃんの肌の皮脂量は生後2ヶ月を過ぎると大人の2/1以下、水分量は2/3になると言われています。しかも赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なので乾燥肌になりがちです。

そんな赤ちゃんの肌を守る方法をご紹介します。



皮膚を清潔に保ちましょう

まずは汚れを落とし皮膚の清潔を保つことが重要です。だからといって強くこするのはいいけません。赤ちゃんの肌はとても薄くデリケート。たっぷりの泡で優しく丁寧に洗いましょう。
また食事の時には顔や手が汚れてしまします。そんな時はタオルを濡らしてこすらずに優しく拭き取りましょう。汚れは食べかすがついたままだとかぶれる原因になります。

赤ちゃん用の石鹸で優しく洗いましょう

赤やんの肌は大人の肌よりとても繊細です。ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと荒れてしまうおそれがあります。赤ちゃんの肌を洗うときはたっぷりの泡で優しく包み込むように手洗いするのが一番です。大人用のボディーソープではなく、赤ちゃん用の泡で出てくる低刺激で無添加のベビー石鹸がおすすめ。赤ちゃんを抱っこしながら石鹸を泡立てるこ必要がないのでとても便利です。

お風呂上りはすぐに保湿しましょう

お風呂から上がり、柔らかいタオルで赤ちゃんを拭いてあげたらすぐに保湿してあげましょう。乾燥肌には大人も赤ちゃんもこれが一番大切です。肌に水分が十分残っているうちに保湿して水分を肌にとどめるようにします。できれば5分以内が理想的。
赤ちゃん用のローションやクリームを全身に塗りましょう。乾燥しやすい顔、耳の裏や首、しわの奥までしっかり塗ってあげましょう。乾燥していないように見えてもしっかり保湿してあげましょう。保湿用のローションなどは色々な種類があるので、その子にあったものを見つけてあげましょう。

肌触りの良い肌着を用意しましょう

赤ちゃんの肌はとても薄いので、肌触りの良いコットン等の肌着を用意してあげましょう。赤ちゃん用の肌着には縫い目が表になるように作られて、敏感な赤ちゃんの肌にできるだけ刺激を与えないように作られているものがあります。
また、汗を良く吸収することも大切です。汗をかいたままだと雑菌が繁殖しやすいのでこまめにシャワーなどで汗を流したり、着替えをして肌を清潔に保ってあげましょう。シャワーの後はまたきちんと保湿してあげましょう。

部屋の湿度を保ちましょう

部屋の湿度もとても大切です。部屋が乾燥しないように気を付けてあげましょう。部屋の湿度は風邪の予防にもとても重要です。赤ちゃんにとって快適な湿度は40~60%と言われています。部屋に湿度計を用意し、加湿器などを使って50%を保つように心がけましょう。

何度も書きましたが、赤ちゃんの肌はとっても敏感で繊細です。以上のようなことに気を付けていても色々な要因で乾燥肌などお肌のトラブルにあうかもしれません。そんな時は無理をせず、悪化する前に皮膚科を受診しましょう。

こんな記事も読まれています