赤ちゃんの素肌を守りたい!正しいスキンケアの方法 「おふろ編」

2,292 views

ぷるぷる素肌の赤ちゃん。
外気にさらされるようになってまだ数ヶ月や数年。

何もしなくても綺麗な素肌は頬ずりしたくなりますよね。

そんな赤ちゃんの素肌を守ってあげたい。
大人になるまで綺麗な素肌でいるために
生まれたときからのスキンケアが大切です。

そんな赤ちゃんのスキンケアの正しい方法をママがマスターしましょう。

今回はおふろの際の注意点をまとめました。



基本はママの手

基本的に赤ちゃんの身体を洗うのにスポンジやタオル、ガーゼは必要ありません。
やさしく泡立てた泡を手に取り、丁寧に全身に行き渡らせてあげましょう。
特に1歳未満の赤ちゃんは首もとや脇、足の付け根や膝のうしろの
皮膚が重なっている部分に洗い残しが多いので指で丁寧に洗いましょう。

洗浄剤に気を付ける

ベビー用の洗浄剤などもたくさん売られていますので、
使いやすいものをつかってもよいでしょう。
ベビー石けんは3カ月くらいまでの赤ちゃんにはいいですが
それを過ぎると皮脂を取り過ぎて乾燥の原因になることもありますので
注意が必要です。
石けんを使う場合は無添加の石けん素地100%というものを
使うことをお奨めします。
洗浄剤が身体に残らないようによく流してあげることも忘れずに。

お顔もしっかり

赤ちゃんの目に洗浄剤が入ってしまいそうで
顔に洗浄剤を使うのをためらう気持ちがあるかと思いますが
数ヶ月の赤ちゃんは新陳代謝も活発で
実は顔にも脂分がたくさん付着しています。
泡を使ってやさしく洗ってあげてください。
脂漏性湿疹でお悩みの場合は特に皮膚表面の脂分が多くなっているので
擦らないよう注意して
洗ってあげたいですね。

頭も汗をたくさんかいている

赤ちゃんなのに頭を脂臭く感じる時期があると思います。
それだけ新陳代謝が活発なんですね。
頭もたっぷりの泡で指の腹を使うようにしてしっかり洗いましょう。
耳の後ろや生え際の洗い残しに気を付けましょう。

夏場に汗をかいたら

少し遊んだだけで汗びっしょりになる赤ちゃん。
夏場に汗をかいたら、すぐに水浴びをあせてあげることで
あせもから守ってあげられます。
その際は洗浄剤は使わないこと!
洗浄剤の使い過ぎは肌トラブルの原因です。
ぬれタオルなどで拭いてあげるよりも
サッと水浴びをするほが肌への刺激も少なくて済みます。

洗浄剤は毎日使わなくてもよいと言われることがあります。
アトピーなど特別な肌のトラブルがある場合はお風呂が刺激になっていまうこともあります。
そんなときは病院を受診して医師の指示に従いましょう。

おふろのあとはとっても大切な保湿です。
次回は保湿についてご紹介します。

こんな記事も読まれています