結婚式で意外と忘れそうな新郎の持ち物5選

6,074 views

待ちに待った結婚式当日、会場について「あ、やばい」ってならないために絶対忘れていけない新郎持ち物をピックアップしました。案外花嫁に注目しがちで新郎の持ち物チェックを忘れがちになります。しかし、式で花嫁を待つ間注目されるのは新郎です。忘れ物チェックしましょう。



これが一番怖い!「靴」

式場に行くまではカジュアルな格好をしていくことの多い結婚式。スニーカーで式場まで行ってタキシード用の靴を忘れたなんてことがあったら、それはそれは大ごとです!式場によっては貸してくれるところもあるかもしれませんが、サイズがないってこともあり得えますし、タキシードと合う色の靴がない!なんてことがあってはいけません。一番最初に忘れ物チェックしましょう。

ないとちょっと恥ずかしい「ベルト」

貸衣装でもオーダーメイドでも用意が必要になる紳士用ベルト。貸衣装の場合、ベルトで固定しなければいけないケースが多いのでパンツがずり落ちてしまう危険性があります。かっぷくの良い新郎さんなら良いですが、細身の新郎さんには絶対忘れてはいけないものです。これも色があるので、忘れてカジュアルなベルトでの代用ができません。タキシードに合わせたベルトを用意しましょう。

必要だった!?「手袋(紳士用グローブ」

式場によっては貸衣装店と提携していても事前に用意するものを教えてくれない場合があります。バージンロードを歩くとき、披露宴に入場するときに必要になります。どんな色のタキシードでも白の手袋(グローブ)です。貸してくれる場合もありますが、ないと片手が手持無沙汰になってしまい見ている人にも違和感を与えてしまうのでレンタルする際に借りておきましょう。また、ブローブには花嫁を魔物から守るという意味もあるようです。二人の大事な一歩である結婚式で花嫁を悲しませることのないようにしましょう。

http://ameblo.jp/produce-concierge/entry-11476621930.html

ないと本当に違和感?!「ネクタイ」

顔や首元には自然と注目されるものです。ネクタイがないとしまるものもしまらないタキシード姿になってしまいます。蝶ネクタイのタイプも通常のネクタイのタイプもありますし、特にオーダーメイドの持ち込みでタキシードを着るときは気を付けましょう。これはなかなか式場も貸してくれるところはすくないです。

これこそ新郎自身が忘れたくない!カンペ

人前で話す仕事をしている新郎以外、結婚式に緊張しない新郎はいないはず!披露宴開宴の挨拶からお礼の挨拶までこの時ばかりは、花嫁でなく新郎の晴れ舞台です。緊張して「今日はありがとうございました」だけの短い挨拶やとりとめもない5分以上のスピーチは来てくれた人たちに残念な感じを与えないとも限りません。全て読みながらのスピーチもがっかりさせてしまうので、キーワードだけをメモしてカンペを持ち込みましょう。開宴の挨拶で緊張の糸が切れてしまい、閉宴の挨拶が真っ白になってしまうのはよく聞く話です。これは必須です!

こんな記事も読まれています