あったら嬉しい!ゲストが喜ぶ新郎新婦の心遣い5選

9,420 views

新郎新婦のふたりを祝いに駆けつけてくれるゲストの方にもちょっとした心遣いをしたいもの。

ゲストが更にふたりをお祝いしたくなるような、そんなアイデアをご紹介します。

きっとゲストの皆も幸せな気分になりますよ。



招待状に手書きのメッセージ

ゲストに来て頂くためにまず必要な招待状。

印刷したものをただ封筒に入れて送るのでは少し味気ないかもしれません。

一言書いたメッセージカードを添えるだけで、「あなたに是非来て欲しい」という気持ちが伝わり、受け取ったゲストもお祝いに行こう!という気持ちになれますよ。

全員に書くのは大変!という方は、あまり会えない遠方の友人向けに書いてみてはいかがでしょう?

待合ロビーに椅子がある

受付を済ませたゲストが、披露宴会場に入るまで時間をつぶせるようにするのも大切な心遣い。

ゲストの中には、交通機関の都合で早くから式場入りする人もいます。
また、女性のゲストの多くはヒールや草履などを履いていて、長時間立つのが辛い人も……

そんな時に椅子があれば、結婚式開始までの時間をゆったりした気持ちで過ごせます。
席次表に二人のプロフィールがあったりすると会話のタネにもなって和やかな雰囲気になれそうですね。

席札にもちょっとひと工夫を

会場に入ってまず目にするのが席札です。

ちょっとおしゃれなデザインにしてみたり、ふたりの趣味や人となりがわかるようなオリジナリティを前面に出してみたり、いっそ自分達で手作りしてみるのも面白いかもしれません。

席札の裏に学生時代に撮ったプリクラを貼ってみたりしたら、昔を懐かしんでテーブルでの話が盛り上がるかもしれません。おすすめです!

たっぷり歓談タイムがある

一度結婚式を挙げた方ならお分かりだと思いますが、結婚式当日はとにかく「怒涛のように時間が過ぎていく」のです。

新郎新婦入場からケーキ入刀、余興にお色直しに、目まぐるしく過ぎて行ったかと思えばもう花嫁の手紙のシーンがやってくるのです!

出来れば新郎新婦のふたりとしても、当日来てくれたゲストとゆっくり話がしたいですよね。
演出の合間のわずかな時間だけでは、写真を撮られてハイおしまい、になりかねません。

ゲストとゆっくりお話したい方は、余興を最低限に絞って、歓談の時間を長めに取るのも良いですね。

「来てくれてありがとう」の気持ちを伝えよう

新郎新婦のふたりを祝うために各地から足を運んでくれたゲストに感謝の気持ちを改めて伝えてみませんか?

式後のお見送りの時に伝えたし……と思っても、それはほんのわずかな一瞬です。
結婚式が終わったその日の晩か翌日にでも、メールで改めて、「結婚式に来てくれてありがとう、顔が見られて嬉しかったよ」と伝えてみましょう。
特に遠くから駆けつけてくれたゲストであれば、「ああ、行って良かったなあ」と尚更嬉しく思ってくれること間違いなしです。

少しの手間をかけるだけで、ふたりの結婚式がゲストの皆さんにとっても素敵な思い出として心に残りますよ。

こんな記事も読まれています