赤ちゃんのミルクを作る時に水道水は危険?ミネラルウォーターやウォーターサーバーは?

62 views

赤ちゃんへ粉ミルクをあげる時に、水やお湯は何を使えばいいのか迷ったことはないでしょうか。

選択肢は3つあります。

  • 水道水
  • ミネラルウォーター
  • ウォーターサーバー

が考えられます。

粉ミルクは、お湯を入れて溶かす方法が主流です。水道水はお金もかからないですが、カルキが入っていたりして赤ちゃんに与えても大丈夫なのかママやパパは心配になりますよね。でも、ミネラルウォーターやウォーターサーバーだって赤ちゃんへの負担がないか心配になります。



水道水は赤ちゃんにあげても大丈夫?「湯冷まし」にする?

まず、結論からいうと粉ミルクをあげる時、水道水をあげても一般的には大丈夫と言われています。

水道水には、カルキ(次亜塩素酸カルシウム)が入っています。それが赤ちゃんの胃腸には負担がかかるのではないかと思われがちです。しかし、水道水のカルキには体調が悪くなるほどではないので、生後すぐの赤ちゃんでも大丈夫とは言われています。しかし、カルキは胃腸への負担も少なからずあるのが事実です。
個人差はあるので生後間もなくでも気にならない程度ですが、赤ちゃんの胃腸は個人差があり、安全な湯冷ましをあげるようにしているママが多いです。

水道水を沸騰させるだけ!湯ざましの作り方

湯ざましの作り方は簡単です。

やかんに水を入れる
沸騰させる
さましておく

このさましておいた水を湯冷ましといいます。常温で置いておき、赤ちゃん用の粉ミルクに使うほか、水としても飲めます。

ただ、衛生面を考えて1日くらいで使い切るようにし、毎日、やかんに水を入れて沸騰させるといいでしょう。

湯冷ましとは……水道水を沸騰させてお湯をさました水のこと。常温の水。ひと手間かかっています。水道水よりも、沸騰してさましておいた湯冷ましをあげるのが安心です。粉ミルクを作る時にはお湯が必要なので、給湯器のポットにお湯を沸かしておいて80度程度にさましたものを使うママが多いです。赤ちゃんに粉ミルクをあげる時には、ひとはだくらいの温度にさましたミルクをあげます。
また、お風呂上がりに水をのませる時にも水道水よりも湯冷ましの方がいいといわれます。

ミネラルウォーターは?ウォーターサーバーは?

赤ちゃんに飲ませる場合、水道水よりもミネラルウォーターやウォーターサーバーの方が飲みっぷりがいいのなら、有料にはなりますがミネラルウォーター、ウォーターサーバーにしてみてもいいかもしれません。

ミネラルウォーターには硬水、軟水の2種類があります。赤ちゃんや子供には飲みやすい軟水がおすすめです。硬度の目安は100度以下がいいでしょう。硬度が高いミネラルウォーターはマグネシウムやカルシウムなどが豊富に入っています。ミネラル成分が豊富な水は、一見すると栄養が豊富でいいような気がしますが、赤ちゃんの内臓へは負担がかかるとも言われています。胃腸負担が大きいため軟水にしておいた方がいいでしょう。
楽天市場やAmazon.co.jpなど通販で注文すれば、自宅まで配送してくれるミネラルウォーターは外出しにくいママにもありがたい存在です。

ウォーターサーバーでは軟水を補充してくれる企業が多いです。温水と冷水の2つができたり、炭酸水ができるサーバーもあります。

ミネラルウォーターをあげる時は温度に注意!

ミネラルウォーターをあげる時には、常温保存をしておき賞味期限内に使いきるのがいいでしょう。赤ちゃんにあげる時の注意点は、ミネラルウォーターは冷たすぎないか確認することです。

例えば、ミルクを作って全てを使わなかった場合は保存のために冷蔵庫に入れておく人も多いですが、それだと冷えすぎてしまう場合も。赤ちゃんに飲ませる時には常温必須です。大体、15度から25度の温度にしておいた方がいいです。冷たい水でミルクをあげるとなると粉ミルクは溶け残りがありますし、冷たさでお腹を痛くしてしまい下痢になってしまうこともあります。病院に行くのも大変な新生児の時には配慮してあげられるといいですね。

また、ひどい場合では、冷たい水を与えることで低体温症状になってしまったり、免疫力の低下、風邪の原因になることもあります。

ウォーターサーバーもミルク作りには便利!

もし、粉ミルクをあげる完ミの場合では、水道水やミネラルウォーターのほか、浄水器やウォーターサーバーの選択肢もあります。

ウォーターサーバーのメリットは、

・業者が水を宅配してくれる(玄関前や家の中まで届けてくれる)
・お湯と水を両方出せる
・必要な時に必要な分だけ出せる

こと。

粉ミルクを作る時にも、お湯で粉ミルクを溶かして、お湯と水を加えることで適温のミルクを作ることができます。

赤ちゃん時代から大きくなって、子供になった時にも、ミネラルウォーターだと子供自身でおいしい水を飲んでもらえることもあります。
ウォーターサーバーで気をつけたいのは、サーバーのメーカーによって金額が全然違うこと。機種代金、水の料金を計算してみる必要があります。盲点なのは水の重さ。20リットル、30リットルだと女性にとっては重いです。持ち上げるのが大変だと感じる女性は、10リットルなど軽量タイプの替えボトルがいいかもしれません。

こんな記事も読まれています